イーココロ!クリック募金
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村に登録しています。

2018年02月20日

「2018 平昌オリンピック」

2018平昌オリンピックですね。
男子ジャンプを見る傍ら、いくつかの競技も楽しみました(*´ω`*)

女子ジャンプでは銅メダルを取れた子がいたようで、素晴らしいですね♪

男子の方は今回はメダルを取れませんでしたが、5人のメンバーが全員どれかには出場できたのはよかったなーと思います。
調子が振るわないと、オリンピックまで行っても舞台に立つことはできないこともあるので・・。
もちろん練習では飛んでますが、やっぱり本番飛べないのは悲しいですよね。

ノーマルヒルでは、小林(弟)が7位入賞という素晴らしい成績!
小林潤志郎&陵侑(りょうゆう)兄弟という二人がメンバーに入っていて、兄弟でオリンピックはすごいなと思いました。

8度目のオリンピックとなる葛西も無事にノーマルヒル、ラージヒル、団体と選ばれて飛べてよかったです(*´▽`*)
もちろんもっともっと大ジャンプだったら葛西の喜ぶ笑顔も見られたのになーとは思いますが、
なんというか、4年前にこれで最後かなと思っていたのに、また葛西が出場しているということがとても感動でした。
外国の選手も今じゃ30超えても普通に飛んでて、25とかだとまだ若いなと思う始末。
そういう選手の寿命を延ばしたのも、葛西とかフィンランドのアホネンとかのような長く選手をし続けている人たちのおかげかなと思ったりします。

竹内は得意だというノーマルヒルは出れなかったけど、ラージヒルと団体に出場。
わりとK点付近(ジャンプ台の基準の距離)までは飛べてたので、そんなに調子は悪くないのかもしれません。
調子が良ければもっと大ジャンプになったと思いますが、大失敗もなかったですしね。

伊東はラージヒルは出れなかったけど、ノーマルと団体に出場。
彼もずっとオリンピックに出たりワールドカップに出たりで、日本選手のトップを走ってる選手ですね。
四年前と同じように怪我をしてたみたいですが・・・
まだ30代(まだ?)なので、怪我を治して願わくば40代まで頑張ってほしいと思ってます。
そして今回はできなかった大ジャンプを!

小林(兄)はノーマルヒルとラージヒルに出場。
ワールドカップでは日本では一番成績が良かったみたいなのですが、オリンピックの風は彼に冷たかった(T_T)
とにかく風が悪い時にあたってばかりで、距離が伸びなくてかわいそうでした。
暗い顔しか見れなかったので、次は明るい笑顔を見られるといいなと思います。

小林(弟)は今大会では一番調子が良かったですね(*´ω`*)
ノーマルヒル、ラージヒル、団体と出場し、ノーマルヒル7位、ラージヒル10位と大健闘。
団体でも四番目をまかされて、四人の中で一番距離を飛ぶという素晴らしさ。
気持ちよさそうに飛んでいて、これからに期待ができる選手ですね!

ワールドカップを放映してくれないので、オリンピックくらいしか世界レベルのジャンプの試合を見ることができません。
久しぶりに外国の選手たちのジャンプも見ましたが、やっぱりトップレベルの選手は違うΣ(゜Д゜|||)

ノーマルヒルの試合は本当に風が意地悪で、ものすごい強風でたくさんの選手が待たされたり、ゲートを下げられてスピードが出なくなった上に向かい風が吹かなかったりで悲惨でした。

しかし団体の時は、風がほとんどない状態だったようで、選手たちは己の力量で飛ぶという平等な試合になったようです。
ええ、トップレベルの選手の力量はすごかったです。

日本は一応二回目には行けたものの(団体は一回目の順位が8位までが二回目に進める)
メダルは無理な状態。
一回目で、メダルはノルウェー、ドイツ、ポーランドがとるだろうという、圧倒的なリードとなりました。
とにかくどの選手も130とか超えてくるのでどこが勝つかわからない。
結果として、まったく調子が誰一人落ちなかったノルウェーが金、ドイツが銀、ポーランドが銅。
これが、世界レベル・・・・。

今回は勝てなかったけど、いつか日本もまた表彰台に立ってほしいと思います!
でもやっぱり、風を切って飛ぶジャンプっていいですね。好きです(*´▽`*)


前回のソチ五輪で正式種目となった、スノボやスキーの競技『スロープスタイル』というのを今回も観ました。
これは手すり上の細い部分やくぼみがある前半のエリアと、三つのキッカー(ジャンプ台)がある後半のエリアを上から下まで滑り降りていくという競技。

手すりの上にジャンプしたり滑り降りたりがなんだか子供のころの手すり滑りを思い出すようで、ちょっと楽しい。
そして三つのキッカーからのジャンプは、くるくると回転しててとてもカッコいい!

スノボとスキーと同じコースを滑っているように見えますが、一枚か二枚かで見た目の雰囲気が全然違うなーと思います。
三つのキッカーを計算してジャンプして助走距離を測って繰り返してゴールしなければならないため、
この競技は非常に選手が転ぶ確率が高いです。
特にスノボはこけすぎだろ!と思うほどのこけっぷり。
高いところから着地失敗で転倒するのを見るのは怖いです。

今回はあまりスキーの方は転倒が多くなかったですね。
まあスノボの方が基本的に転倒多そうですが・・・。


そして今回が初めてだという、『ビッグエア』も観ました。
これはスロープスタイルのキッカー部分だけを切り取ったもの。
たった一回のキッカーからのジャンプ勝負です。

スロープスタイルで見たのと同じようなジャンプを跳ぶだけなのに、やっぱりジャンプって見てるとワクワクするんですよね(≧∇≦)/
一本のジャンプだけを飛ぶので、転倒もスロープスタイルより少ないのでほっとしました。

やっぱりスロープスタイルで転倒が多いのってキッカーへ行く前の助走がきちんととれないからみたいなので。
前半部分の手すりエリアでちょっとバランスを崩してスピードが落ちただけで、
一つ目のキッカーのジャンプをちょっと遠くまで飛びすぎただけで、
次のキッカーでジャンプができなかったり、無理やり飛んでも着地できなかったりしてしまう・・・。
大変だなあ。


今回のオリンピックは、モーグルの横からのアングル(→の画面の動き)が多くて頭が痛くなってしまって(酔いかけ)見れなかったのが残念ですが、その分スロープスタイルやビッグエアを見られてよかったです。
実はまだビッグエアの女子決勝前なので、このあと楽しく観戦しようと思います。
けっこう日本の女子選手もすごいジャンプするんですねー(*´ω`*)


とりあえず自分の中での今大会はひと段落ですが、残りの日数も色んな競技の選手の皆さん頑張ってください♪
ジャンプの皆さんお疲れ様でした!
posted by 水沢桃子 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツその他
この記事へのコメント
コメントを書く (メールアドレスを記入すると、エラーになる場合があります)
お名前: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182462923
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 テレビブログへ