イーココロ!クリック募金
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村に登録しています。

2007年11月18日

「フィギュアスケート」について

今、フィギュアスケートのフランス大会がやっています。
 
私はいつもフィギュアは録画して、翌日に観ているのですが、それだと新聞などに結果が載ってしまう・・・ということにもなり、あまりよくありません。
 
しかし、通常の時間に観ることができない理由があるためそうしているのですが・・・その理由とは、私が「男子シングル」にしか興味がない、というものです。
 
昔は、フィギュア自体に全く関心がありませんでした。
藍や母は、ペアやアイスダンスが好きで、NHK杯などを観たりしていましたが、私はどうでもいいと思っていました。
 
しかしあるとき、男子シングルを観て(もちろん外国人)「カッコイイ!」と思ったわけです(^.^)
 
以来私は、男子シングル(のカワイイ男の子)を観るため、フィギュアに興味を持つようになりました。
 
 
・・・が、最近どうにもならない状況になっています。
 
数年前から藍や母が好きなペアは、全く映らなくなり、存在しているのかさえ怪しいほどです。
それでも私が好きな(藍や母もモチロン好きですが)男子シングルはまだテレビ放映してくれていました。
カワイイ上に上手い男の子たちも、たくさん観ることができました。
 
しかし、ここ最近は・・・
男子初の銀メダルを取った(世界フィギュアで、だったかな?)高橋選手がいるにも関わらず、女子の方ばかり取り上げます。
 
みんな女子にしか興味がないの(>_<)?
 
そして高橋選手がでない大会(今やってるフランス大会など)は、
男子をほぼ飛ばしている状態!!
 
ショートプログラムは2分半しかないのに、それを飛ばしたら何やってるのかわからないじゃないか〜!!
 
おまけに放映時間、
二時間の間、10分が男子シングルのショートプログラム、残り全部女子シングルってどーゆーこと?(゜Д゜|||)
 
・・・あまりにもヒドイ映し方です・・・。
 
おかげで、全く見所がありませんでした・・・。
 
そりゃ、女子シングルだってかわいいとは思うけど・・・
しかし、男子シングルの比じゃありません。
 
かっこよくって、うまくって、かわいい外国の男の子たち・・・。
スポーツ観戦が苦手な(すぐ飽きる)私にとっては珍しく好きなものだったのに・・・(>_<。)
 
非常に残念です。
あとはもう、高橋選手に頑張り続けてもらうしかないのでしょうか・・・。
 
彼は顔もよく演技もうまいためとても好きですが、
彼しかいないというのは、やっぱりまずいので
早く顔がよくて上手い日本の男の子もっとたくさん出て来い〜と願っています。
 
女子はいいですね・・・。
若くてうまい選手がたくさんいて・・・。
 
 
今日も夜、フィギュアフリーがあるけど
おそらく男子はほとんど映らないんだろうな・・・。
フィギュアに再び興味がなくなる日も近そうです・・・(T_T)

2008年02月18日

「2008四大陸選手権」男子フィギュア

フィギュアスケート男子を応援している私。
フィギュアは女子しか注目されてませんけど・・・女である私は男子に注目です。
 
注目してる割には全く詳しくないんですけど(;´∇` )
 
とりあえず、四大陸選手権。
男子は、期待の高橋大輔選手、小塚選手、中庭選手の三名。
 
あとはカッコイイ外国選手がいれば完璧ですね!
 
 
・・・というわけで、テレビ放映を見たところ。
新聞には「男女ショート 男子フリー」と書いてあったにもかかわらず、
男子のショートはさらっと飛ばされてました(>_<)
 
結果だけ、最初にチラッと言ったけど、もしかしてあれが「男子ショート」・・・?
 
どの辺が「男女」なんだよ!!!
 
・・・わかってましたけどね。
男子の扱いがひどいことは。
もう、ずっとそうですから。
 
・・・でも、ムカつくんですけどね。
 
 
しかし、フリーまで飛ばされてたときに比べれば、今回はまともでした(;´∇` )
一応フリーはちゃんと(トップの方だけですが)やってくれたし。
 
でも、ちゃんと滑ったのを見れたのって、ライザチェック(ショート二位)と、ジェフリー・バトル(ショート三位)と、あと中国の誰か(かっこよくなかったんで覚えてません)・・・と、日本の三人だけだったような気がします。
 
少ない・・・(T_T)
 
どうして、そう少ないんでしょう・・・。
 
もっと、外国にはいい男がたくさんいるはずなのに!!
 
カッコイイ、もしくはかわいい、将来有望な男の子が滑る姿を見たい私には、非常に寂しいです・・・。
 
 
それはともかく。
 
ライザチェックは、相変わらず手足が非常に長いですね。
しかも黒いズボンをいつもはいているので、さらに長く見えます。
上が白、下が黒と言う組み合わせはとても彼に似合います。
 
顔は別に、好きというほどでもないですが(嫌いではないですけど)彼のすべりはとてもカッコイイ。
手足が長いので、何をしててもダイナミックに見えます(^.^)
 
彼はショートで二位でしたが、フリーでは転んでしまい、あんまりよくなかったのが残念でした。
 
 
そして、ジェフリー・バトル。
とにかく彼はカッコイイです♪
 
彼がリンクに出てきた途端、ものすごい歓声だったので、てっきり舞台は日本かと思いましたが、どうやら韓国だったようです。
 
韓国でも彼は大人気。
アジアに受ける顔立ちと言うことでしょうか(*´▽`*)
 
とにかく、彼がただ滑っているだけでも、黄色い声。
ジャンプしても黄色い声。
自分たちの方に滑ってくれば黄色い声。
 
何をやっても女性の声援がすごかったです・・・。
 
まるで、彼のショーのようでした(;^∇^ )
 
その気持ちはわかりますが。
私や藍(妹)もまた、彼のファンですからね!
 
 
そして肝心の演技がどうだったかというと・・・。
 
よかったです!
ほとんどジャンプも完璧だったし、
ステップは彼は得意なので。
スピンもよかったですし・・・。
 
まあ多少ジャンプが失敗気味のところもありましたけどね。
 
私が見るとき、割といつもジェフリーは転倒してることが多いので、
見た中ではかなりいい演技だったと思います。
 
 
点数が出るとき、テレビの画面に向かってにっこりと彼が微笑むと、またまた黄色い声。
点数が出たときも、ものすごい歓声でした。
いや〜・・・すごかったです。
 
演技が終わると、いい演技の場合、リンクに花束やぬいぐるみなどを放り投げるというファンたちがたくさんいますが、ジェフリーのときはとにかくものすごかったです・・・。
 
終わった後のインタビューで、「ファンの声援のおかげでとても気持ちよく滑れた」と言っていましたが、そりゃそうでしょうね(;^∇^ )
あれは気持ちいいことでしょう。
・・・音楽が聞こえにくかったかもしれませんけど。
 
しかし私も、ジェフリーにだったら花束投げると思います。
 
 
で、日本選手ですが・・・。
 
中庭選手は・・・
調子悪かったみたいですね〜( ´△`)
 
ジャンプはほとんど失敗してましたし・・・。
 
まあ、ステップがあまりうまくないのは、調子の問題なのか、よくわかりませんでしたが・・・。
 
日本人選手の中では、体型がすらりとしているのでもったいないです。
 
 
そして小塚選手。
・・・背が小さいですよね(>_<)
 
まだ18ですが・・・伸びてほしいです。
背もそうだし、演技も・・・。
 
まあ、ジャンプはそこそこ成功していたようにもみえますが、
ステップがちょっと・・・。
 
やっぱり、高橋選手との大きな差を感じちゃいます。
 
高橋選手が世界レベルなので、それくらいに成長しないと、世界で戦うのは無理だろうなあ、という感じですね・・・。
 
 
そして高橋選手。
 
彼はショートが一位だったようで、ラストに滑りました。
 
ジェフリー・バトルがフリーを終えて一位だったので、それをぬかすのが目標です。
 
高橋選手もまた、ジェフリーほどではありませんが、ちゃんと声援もらってました(^.^)
 
そして、4回転を二回も飛ぶということだったので、心配してましたが・・・
二回ともちゃんと飛べてました!
 
ホッとしました・・・。
 
彼が4回転ジャンプをやる姿はよく見ますが、成功するのは滅多にないので(;´∇` )
 
転倒すると、一点も減点されてしまうので、相当痛いです。
 
 
そして、高橋選手と言えば、ステップです!!
 
彼が目標としているのはジェフリー・バトルということですから、この二人はステップが超上手いわけですが。
 
キレのあるステップで、非常にかっこよかったですヽ(´▽`)/
 
 
そしてほとんど目立ったミスもなく(見えました)演技を終えて・・・。
 
順位は、一位!!
 
なんか世界記録だとか言ってたような気もしますが・・・。
 
とにかく、すごいです!!!V(≧∇≦)v
 
 
・・・でも、ジェフリーファンで埋め尽くされた会場。
ジェフリーを抜いたことで、歓声は微妙に少なかったような気がしました・・・。
 
これが日本だったらもっと、ものすごい歓声だったんだろうなあ、と思うと、もったいないです。
 
とはいえ、すごいです!!
 
素晴らしい結果に、大満足でした!!!
 
 
勝利のインタビューも、結構しっかりと答えていて、
「インタビュー慣れしてきたみたいだね〜」と家族で話しました。
 
最初はものすごいたどたどしかったのに、
インタビューを受けまくっているうちに上手くなってきてます。
 
でも、「日本のファンに一言」と言われ、
「今日は何とか勝てました。・・・あ、何とかじゃないですけど」とか慌てる高橋選手は、まだたどたどしい部分もあって、やっぱりかわいかったです♪
 
何とかどころじゃなくて、ジェフリー選手と30点もの差をつけて大勝利だったんですけどね(-^▽^-)
 
 
・・・しかし。
 
私は高橋選手の優勝を知らないで、観ていたんですが、
藍も母も結果を知っていたようです。
 
母は新聞で、藍はネットニュースで。
 
これからテレビで放映するっていうのに、
その前にニュースでやったりするのってやめてほしいです・・・(>_<)
 
やっぱり、スポーツは結果がわからない状態で観ないと、面白くないです!
 
結果がわからないからこそ、ドキドキしたりワクワクしたりできますから。
 
 
おかげで、優勝して私が大喜びしている中、二人は「・・・知ってたけどね」って、ちょっと寂しそうでした・・・。
 
 
それについては残念でしたが・・・
とにかく、高橋選手の大健闘に拍手を贈りたいです!!
 
・・・そして、第二の高橋選手が早く育ってくれることを望むばかりです・・・。

2008年03月24日

「2008世界フィギュア選手権大会」男子フィギュア

世界フィギュア選手権大会です。
当然私が注目しているのは男子シングル。(それしか興味がない)
一般的には女子シングルが注目されているようですけど・・・。
 
でも、まあ、女子は浅田真央ちゃんが優勝したようで、よかったですね(^o^ )
期待通りに頑張るなんてホントにすごい子ですねえ〜。
 
 
というわけで、男子シングル。
テレビ放映は・・・ショートプログラムは昼間、フリープログラムは同日の夜中。
見事に一日でやってしまおうという扱いには泣けてきます。
女子のショートやフリーはゴールデンタイムにやってましたからね。
まあ、すでに結果をジャンジャンニュースで流しまくっての放送でしたけども( ̄∇ ̄||| )
スポーツは結果を楽しみにしながら観るのが面白いと思うんですが、結果さえ伝えればよし、って感じで悲しいですね。
 
何はともあれ、「ペア」や、「アイスダンス」に比べれば、男子シングルはマシな扱いですが・・・。
 
 
さて、男子ショート・・・。
しかしこれは最初から全て観れなかった上、高橋の順位をうっかりネットニュースで見てしまってむなしかったです。
見ないようにしようとしてたのについ、目に飛び込んできてしまった(TロT)
 
一応、カナダのジェフリー・バトル(かわいくてカッコイイため大好きな選手♪)の滑りは見れました。
完璧な演技でトップになっていて、感心。
何しろ彼は、見るといつもコケてるので(;^∇^ )
 
そしてそのあとに滑った高橋大輔選手。
日本期待の星!
顔もかっこよく、上手いなんて素晴らしい。
というわけで、もちろん大好きです。
 
しかし彼は調子が悪かった・・・。
ジャンプで失敗し、ジェフリーを抜けなかった・・・(;´д` )
 
ふと見ると、いつもトップが多いランビエール選手がちょっと下の方(といっても上位ではある)にいたのに驚きました。
 
かわりに、アメリカのジョニー・ウィアーが好調で、二位。(ジェフリーが滑るまではトップ)
 
そして小塚選手。彼は19歳。早く高橋に追いついて欲しい選手です。
彼の滑りを見たところ、今までで一番上手かった(-^▽^-)
上達してますね〜〜!!
 
まあ、トップクラスの選手と比べると見劣りしてしまいますが・・・
これからもっと伸びてくれるのでは、と期待できました!
 
そして、ショートも終わったかなと思ったら、ラストにブライアン・ジュベールが登場!Σ(・ロ・ )
 
久しぶりに見た、ジュベール!!!
 
この人はカッコよくて、滑りも上手くて、ジェフリーと同じく大好きな選手です。
が、ここのところ全く姿を見れず、プロに転向でもしてしまったのかな(;_;)と、思っていたのです。
 
しかし、まだいた!!ヽ(´▽`)/
 
嬉しかったです〜〜〜♪
 
どうやら彼は、怪我と病気で出られなかったらしい。
なんて切ないんでしょう。
でも、よくなったってことなんでしょうか?
これからはまた、出てきてくれるのでしょうか。
 
わかりませんが、彼の演技は・・・。
相変わらず素敵でした(-^▽^-)
 
ただ、ジャンプで転倒があって、減点かあ・・・とガッカリ。
 
しかし、点数が出て、かなり低かったのにはどうして??って感じでした。
確かに転倒はあったから、減点1は仕方ないんですが、なぜか減点2もされてたんです。
 
そんなにミス多かったの??
そうは見えなかったけど???
 
・・・よくわかりませんが、そのためになんと六位。
転倒以外は素晴らしい滑りだったのに・・・。
素人にはわからない部分があったんでしょうね(>_<)
 
 
というわけで、ショートは一位がジェフリー、二位がジョニー・ウィアー、三位が高橋ということに。
小塚は八位で大健闘。
・・・あともう一人日本から出ていた南里選手のすべりは見れませんでしたが・・・頑張ってもらいたいです。
 
 
そして、夜中のフリーは録画し、翌日に観ました。
 
今回何と言っても、ジェフリー、ジュベール、高橋の演技が楽しみです(*´▽`*)
 
久しぶりに大好きな選手がたくさんいて嬉しい♪
 
もちろん、ランビエールやジョニー・ウィアーもおなじみ選手として、いい演技をしてくれたら嬉しいですし。
 
というわけで、ワクワクしながら観てみました。
 
トップの人たちの前に、その前のグループの演技も観れて、今回はなんか、いつもよりもたくさんの人たちを観れたのが嬉しかったですね(*´▽`*)
 
いつもこうだったらいいのになあ・・・。
 
 
そして、小塚選手の演技は、この日も快調と言えたのではないでしょうか。
ショートのときは、彼がリンクに出てきたときも、滑っている間も、ほぼ会場シーン。
拍手も歓声もほとんどなかったんですが、
フリーのときはちゃんと拍手してもらってました(^o^ )
 
多分知名度がなかったのが、ショートでなかなかいい演技をしたので覚えてくれた人がいたんでしょうね。
 
以前見たときは、背も小さく、体つきも細く、子供のような(確かにジュニア卒業したばかりだったんですけど)感じで、演技もたどたどしかったのですが、
その頃からしたら目ざましい成長です!(演技も、体つきも)
 
これからもっと上手くなって、高橋選手みたいになってくれたら嬉しいです!
 
さて、最終グループ。
トマシュ・ベルネル選手・・・は、全然調子がよくなかったみたいです( ´△`)
彼はまだ若い選手で、最終グループに入った重圧かも、と解説されていました。
とにかくジャンプが失敗の連続・・・。
 
まあ、場数を踏めば慣れてくるんではないかと思います。
ヨーロッパチャンピオンとか何とか聞いたので、調子がよければかなりの強敵でしたが・・・。
 
ジョニー・ウィアー選手はショートで二位。
彼は中性的な魅力が売りの選手で、男性とは思えない、綺麗なスケーティングをします。
さらに彼のジャンプは、彼が左利きなため、他の選手と逆に回ります。
結構それを見るのは好きですね(^o^ )
 
今回目立ったミスもなく、綺麗な演技を披露してくれました。
ショート二位のプレッシャーは、演技に影響しなかったみたいです。
 
当然のことながら、この時点でトップ。
かわいい笑顔で観客に笑いかけます。
 
そして!
いよいよ三番手は高橋選手!!V(≧∇≦)v
 
ショートが三位だったので、メダルを取るのは結構厳しいですが、
最初から果敢に挑んでくれました。
四回転ジャンプ!!
 
綺麗に着氷もして、いい感じのスタートです。
 
・・・しかし。
 
そのあとのジャンプで転倒してしまいました・・・(;_;)
 
転倒してしまった瞬間、とりあえず一位の夢は消えたような感じでした。
何しろ、ジョニー・ウィアーはショートでも二位で高橋の上だし、フリーでもいい演技だったので。
 
男女共に優勝できるかも、と今回期待されていたらしく、
もしそうなったら男子シングルの注目度も上がるため、応援していたのですが・・・。
 
しかしジャンプでのミスはあったものの(そのあとも手をついたかなんかしたような)、相変わらずステップは素晴らしいし、スピンもよかったです(*´▽`*)
 
高橋選手は背がそんなに高くないのにスピーディーでダイナミックな演技をしてくれるので、観ていて気持ちがいいです。
 
外国でやっていたのに、たくさんの歓声や拍手ももらっていて、嬉しかったです♪
 
結果は、その時点で二位。
やっぱりジョニー・ウィアーは抜けませんでした・・・。
 
でも、ジャンプの失敗があったにもかかわらず、二位ですからすごいですよね。
高橋選手はとても悔しそうでしたけど・・・。
 
そして。
次に滑ったランビエール選手も調子が悪かったようです・・・。
彼はいつも上位にいる選手なのに、ショートで低かったので、あれ?と思っていたら、フリーでもジャンプの失敗が目立ちました。
 
上手い選手が失敗ばかりするのは悲しいですね。
やっぱり彼には力強い演技をしてもらいたいので。
 
さて!!
次はいよいよブライアン・ジュベール!V(≧∇≦)v
 
ショートは六位でしたが、フリーはどうなる!?
あの滑らかで優雅でとにかく素敵な演技は見られるのか?
 
と期待したら、やっぱり・・・
ジュベールはジュベールでした!ヽ(´▽`)/
 
流れるようなスケーティングは健在。
ジャンプも滑らか。
彼が大会に出まくっていたときは、いつも彼が一位だったのです。
 
久しぶりに見たけど、本当に相変わらずかっこよかったですね〜。
 
四回転もバッチリ決めたし。
ほとんど大きなミスはなかったと思います。
ラストの方のジャンプがちょっと二回転になったりしたような気もするけど・・・
終わったとき、彼は大喜びで満面の笑顔でした。
 
怪我や病気からやっと復活し、これだけの演技ができたので、嬉しかったのでしょう(*´▽`*)
私も非常に嬉しかったです!!
 
当然のことながら、この時点で一位。
残りのジェフリーを待つことに。
 
というわけで、ラストはジェフリー・バトル!!V(≧∇≦)v
 
彼がショートで一位なんて、私や藍は覚えがありません。
彼はステップが上手いけど、ジャンプでよく失敗するため・・・あまり上位という印象がないのです。
 
ショートは完璧な演技だったので、フリーでコケなければ、おそらく一位でしょう!
 
その時点で高橋のメダルは去ることになりますが(;´д` )
とりあえず、ジェフリーの演技を応援することにしました。
 
ジェフリーはトップの重圧を撥ね退けているらしく、順調な演技。
服装も彼に似合っていて、いつもながら素敵です。
 
藍によると、彼はスピンが苦手と言ってた気がする、とのことだったのですが、スピンもきちんと決めているようです。
まあ細かい難度などについては、わかりませんが。
 
そして得意のステップは当然コケるはずもなく。
 
少しジャンプが微妙なときもあったけど・・・
ほぼ、完璧!!
 
超カワイイ笑顔で締めてくれました〜〜♪(≧∇≦)/
 
う〜〜〜ん・・・すごい。
さすがはショート一位!!
 
ジェフリーの演技を見たジュベールは、笑顔が消えました・・・。
 
そしてもちろん・・・
優勝は、ジェフリー・バトル!!
 
ジュベールとの差も結構あって、ホントに完璧でした!!
やっぱり一位の演技は、完璧なほうが見てて気持ちがいいです(^o^ )
 
おまけに、大好きなジェフリー!!
よかった〜〜〜〜♪♪
 
・・・と大喜びしたものの。
 
・・・高橋選手は・・・四位(>_<。)
 
メダル取れませんでした・・・。
 
ここのところ、表彰台に乗らない高橋選手を見たことがないくらいだったので悲しいです・・・。
 
インタビューで、「金メダルがとりたかった」と悔しそうだった高橋選手。
その想いが力になるときもあれば、枷になってしまうときもあるんですね・・・。
 
とはいうものの、完璧な演技をして完敗したわけではありません。
万全な態勢で演技できれば、きっと金メダルだってとれると思います!
今回はダメだったけど、次にきっと!!
 
 
というわけで、嬉しいことと悲しいことがあった大会でしたが、
大好きな選手たちが観られて嬉しかったです。
 
そういえば、上位に入るおなじみ選手のライザチェック選手がいないな、と思っていましたが、どうやら怪我で出られなかったようです。
 
スポーツ選手には怪我がつきものですが・・・
みんな元気に頑張って欲しい、と思います・・・。
 
そしてもう一人の、日本選手。南里選手の演技はほとんど流れなかったので、よくわかりませんが、十九位だったようです。
まだ若い選手なので、これからもっと成長してくれると嬉しいですね。
 
 
しかし、私は興味がないものの、フィギュアの「ペア」「アイスダンス」の扱いはひどいです。
藍や母は好きなのでガッカリしているし、
昔はもっと、フィギュアのいろいろな分野がテレビ放映され、盛り上がっていました。
日本選手は出ていなかったり、下の方だったりするけど、外国の素敵な選手たちを観られるだけで十分です。
というより、藍にとっては外国選手が目的だし。
なんでほとんど映してくれないんでしょうか・・・(;´д` )

 
今回は昼間にちょっと放映していたようですが、時間短いんじゃないかと。

っていうか、目立たない気がします。
 
「ペア」や「アイスダンス」を映すことにより、フィギュア全体への関心が高まり、「男子シングル」ももっとファンが増えるかもしれないのに・・・と思うと私もがっかりです。
 
男子シングルも、どんどん縮小されてるし・・・
今のところ、全て高橋選手にかかっているのかと思うと、そういう意味でも彼に期待してしまいます。
 
何はともあれ、選手のみんな、お疲れ様でした。
いい演技をこれからも期待しています(-^▽^-)

 

2008年10月27日

「グランプリシリーズ2008 アメリカ大会 男子フィギュア」

フィギュアスケートのシーズンです。
グランプリシリーズ2008が始まりました。
第一戦アメリカ大会ということで・・・早速観てみました(*´▽`*)
・・・もちろん男子を。
 
今回出場するのは、日本では小塚選手みたいですね。
アメリカ大会だからか、ジョニー・ウィアー(24)とエバン・ライザチェック(23)も出場(ともにアメリカ選手)
ていうか、ライザチェック23歳って顔じゃないよ(゜ロ゜;)
この人の年はいつも忘れます。
ジョニーは相変わらず可愛いですが。
 
ショートでは、5人ほどテレビで放映していました。
上の三人と、18歳の外国選手二人。
・・・まあ、18歳組は(名前忘れたけど)これからでしょう。
全然上手くなかったけど、これから上達するのかもしれない、と見守るような気持ちで見ていました。
 
小塚選手も、その二人よりはちょっとはいいかな、という感じでした。
大分うまくなってて、でも、世界まではまだ遠いかもしれない、という頼りなさがあります・・・。
 
そして、トップクラス常連のライザチェック&ジョニー・ウィアーはもちろん上手でした♪
まあ完璧な演技とまではいかなかったみたいですが、1位&2位になったのはわかる順位です。
 
・・・でも、小塚選手3位??他の人はもっと低かったのかな?
と思いつつ、点数が2位とあまり差がないのには不思議な気がしましたが。
観ている側からすると、かなりの差を感じていましたので・・・。
 
 
次の日は、フリープログラムです。
テレビでは、思ったとおり三人しか映しませんでした(; ̄∇ ̄ )
 
しかしまあ、上手いのはライザチェックとジョニー・ウィアーなので、まあいいか、と思いつつ観ていました。
 
小塚選手の演技は、微妙・・・?
四回転に挑戦したのですが、転んでしまい、さらにそのあとのジャンプでも手をつくなど、ミスがありました。
ステップやスピンも何となくスピードがないような気がしたので、
「ま、これからこれから(^-^ )頑張れ!!」って応援していました。
 
そのあとのジョニー・ウィアー。
珍しく四回転ジャンプに挑戦していましたが、両足着氷になってしまったようです。
とはいえ、あとはそんなにミスがあるようには見えませんでした。
彼はキレイなスケーティングなので、観ていてとてもいいです。
 
しかし終わってみると、小塚選手を抜けませんでしたΣ(゜Д゜;)
演技の流れとか、ジャンプとか、小塚選手よりもジョニーのほうが上手かったように見えたんですが・・・。
 
そしてそのあとのエバン・ライザチェック。
アッサリとジャンプで転倒してしまいましたが・・・
スピーディーなステップや、スピン、後半に入れてきたジャンプなど・・・
やっぱりこの人が1位だろう、という感じでした。
 
しかし。
終わってみると、3位Σ( ̄ロ ̄;)
ま、まあ、ジョニー・ウィアーは転んでないから、ジョニーに負けるのはまあいいとしても・・・。
 
小塚選手の方が上ってことはないのでは・・・?
 
・・・私はもちろん、小塚選手を応援していました。
頑張って欲しいなと思うし、(顔も悪くないし)これからの日本男子を引っ張ってってほしい選手です。
 
しかし・・・素人目には全く理解できない順位でした(; ̄∇ ̄ )
新しく変わった採点方式のせいなのでしょうか。
だとしたら、そんな採点方式にしないでほしい・・・。
やっぱり観ている側としては、滑らかなスケートこそ美しいと思うし、1位だろうと思うので・・・。
 
おかげで、せっかく小塚選手が1位になっているのに、なんとなく複雑な心境になってしまいました・・・。
 
ちなみに、新しい採点方式では四回転ジャンプを入れないと1位を狙えなくなってしまうようです。(四回転の点数がとても高い)
確かに四回転はカッコイイし観るのは好きです。
成功させるのが難しいのでそれもわかるけど・・・
転倒する人が増えると思うと、完璧な演技を観られない率が高くなるんじゃないかな〜と、ちょっとガッカリ(つД`)
 
あと、ジャンプを何回まで、とか、そういう規制みたいなのもあるようで・・・
それは選手の個性をなくすことにならないのかなあと心配ですね。
スピンが得意な選手は、いたるところにスピンを取り入れていたりして、
それを観ると「この人スピンが得意なんだなあ」と微笑ましくなったりするし・・・
好きなんですけど。
 
どんどん私たちの好きなフィギュアではなくなっていく感じで、淋しいです・・・。

2008年11月17日

「グランプリシリーズ2008 フランス大会 男子フィギュア」

グランプリシリーズ、フランス大会です。
今回は、女子と一緒に放送されているため、男子はほとんど映さないだろうと思ってましたが・・・ショート、フリー共に上位三人のみでした。
・・・まあ、大体いつもこんな感じですけど・・・。
 
日本からは小塚選手が、そして注目する、ブライアン・ジュベールが出場ですΣo( ̄― ̄;)
ジュベールは顔がいいので好きな選手(もちろんものすごく上手いし)なのに、一時期ケガで姿を見ていなかったため、ようやく復帰か〜と楽しみにしてました。
復帰後の最初の試合での一位は見れなかったし、今回こそは、って感じです。
もちろん、小塚選手も期待です♪
 
というわけで。
まずはショート。
小塚選手は、前に観たアメリカ大会よりも格段によい滑りでした。
あれからそんなに経ってないのに、何だかものすごい上達したみたいに見えましたΣ(゜∀゜)
すごい!!
アメリカ大会では、私や藍にとっては微妙な滑りだったのですが・・・
今回はかなり滑らかなスケーティングです。
ありがとう小塚選手♪♪
 
そして、次に滑ったパトリック・チャンというカナダの選手。
う・・・上手いΣ( ̄ロ ̄;)
背が高いせいもあり、動きがダイナミックに見えるし、もちろんスケーティングも素晴らしいです。
どうやら彼は、すでにカナダ大会で優勝しているらしい・・・なるほど・・・・。
カナダ大会はいつの間にか過ぎ去っていたので、観る機会がありませんでしたが。
 
で、ラストにジュベール!!!
ジュベールはいつも四回転を二回入れてくるという選手なので、かなりの強敵です。
しかもほぼ完璧な演技をするため、彼が出場すると大抵一位。
今回もさぞや・・・と思ったら、
なんと四回転が一回転にΣ( ̄ロ ̄lll)
自国の大会なのに・・・・。
 
 
そんなこんなで、ショートはパトリック・チャンが一位、小塚が二位、ジュベールが三位でした。
小塚の急成長は嬉しかったのですが、完璧な演技を見れると期待していたジュベールは悲しかった・・・。
 
 
でもって、フリー。
上位三人しか映してくれないため、ジュベールからです。
 
今度こそ完璧な演技を・・・
と期待する私や藍。
しかし・・・
彼は今回、調子が悪かったようです(つД`)
 
いつものジャンプのキレもなく、全体的に滑らかな流れでもありませんでした・・・。
ジュベールが転倒するなんて、滅多にないのに・・・。
どうしちゃったんでしょう、ジュベール・・・。
まあもちろん、調子が悪いときくらいはあるでしょうけど・・・
彼の綺麗なスケートを観たかったなあ・・・。
 
その代わりというのもなんですが・・・
次に滑った小塚選手の滑りはとてもよかったです(*^▽^*)
 
四回転では転倒してしまいましたが・・・
それ以外では、綺麗なスケートでした♪
 
ショートは短いから何とか踏ん張れても、フリーではどうかなあと心配していたのですが・・・すごく上手かったです、小塚選手!
最初に観た時は、かなりたどたどしかったのに、
こんなに上達するなんて素質があるんですね〜〜ヽ(´▽`)/
これからも頑張ってほしいです!!
 
で、最後に滑ったのはパトリック・チャン。
前半はものすごくよかったのですが、後半のジャンプで、オーバーターンという、
着地失敗をくり返してしまい、ちょっとやばいムードに。
でも、転倒はしなかったし、あとは持ち直したようでホッとしました。
小塚選手にとってはライバルですけど・・・
あんまりボロボロなフリーを観るのも悲しいので、上手い選手には転ばずに頑張ってほしいです。
 
そして結果。
ジュベールは四位・・・(T_T)
四位だってすごいけど・・・ジュベールだと思うと、低い・・・。
 
小塚選手は二位でした。
そして、パトリック・チャンが一位。
でも、小塚選手はすごかったですV(^0^)
前回の一位より、個人的には今回の二位の方が嬉しかったです。
大きくなってるんだなあ〜と思うと、これからがとても楽しみです♪
 
そして小塚選手は、どうやら、ファイナルへの進出が決定したようですね。
「始まる前は全然考えてなかった」と言う小塚選手。
それはそうでしょうね〜・・強豪ぞろいですからね。
でも頑張ってください(-^▽^-)

2008年11月30日

「2008NHK杯」男子フィギュア

2008年NHKフィギュア大会です。グランプリシリーズの最後は、日本。
・・・しかし、大会直前に高橋選手が怪我したとかで、中国大会欠場。
そしてこのNHK杯も欠場になってしまいました・゜(≧Д≦)゜・
とても残念です・・・高橋選手の滑りが見たかった・・・。
 
日本選手が出場していないような大会はアッサリ飛ばされて、
その間にファイナルに出場が決まった選手もいたようです。
そして、このNHK杯に出る日本選手は三人。
 
南里選手・・・一週間前に出場が決まったというとんでもないコンディション(;´д` )
もっと早くに決められなかったのか、南里選手もかわいそうに・・・。
 
そして、無良(むら)選手。17歳・・・だったかな。
 
そして織田選手。謹慎も終わっての登場です・・・。
 
あとは、ジョニー・ウィアー(アメリカ)が、これで二位以上だと、ファイナル進出が決まるという・・・。
頑張れ、日本選手とジョニー・ウィアー!Σo( ̄― ̄;)
 
 
ってわけで、男子ショート。
女子ショートは夕方だか何だかにやってましたが、男子は夜中に追いやられました。
・・・とは言え、珍しく時間を取っているようです!
 
見てみたところ、ここ数年増えたヒドイカット地獄ではなく、あまりうまくない選手たちの演技から、みんなちゃんと映してくれているヽ(゜∀゜)ノ
 
民放だけでなく、ここのところはNHK杯でも、ほとんどカットしていたのですが・・・
あんまりいい番組をやってなかったのでしょうか。
なんにしてもよかったです♪
 
南里選手の演技は、まあまあというところ。
とは言え、後半少し疲れ気味で、フリーは大丈夫だろうか・・・と心配になりました。
 
そして、無良選手。
これくらい若い選手が出てきてくれると、日本男子の未来に希望が持てます(*^▽^*)
滑りも、かなり想像していたよりも上手かったので大喜び♪
小塚選手だけじゃなかったんですね〜〜!!
これからに期待がぐっと高まりました☆
 
織田選手の演技を見るのはものすごい久しぶりなので、どんな感じだったか忘れていたのですが・・・上手いんですねえΣ(゜∀゜)
そういえば、高橋選手のライバル、と評されてましたっけね・・・。
とりあえず腕が落ちていないようで、安心しました。
顔はそれほど好みではありませんが(笑)
滑らかなジャンプやステップが、かなりいい感じ。
 
そして、日本選手の間には、もちろん外国の選手たちもいろいろ滑っていますが、
ケビン・レイノルズという若そうな選手はかなり上手かったです。
何だか、女性にも子供にも見える不思議な顔立ちに見えましたが。
あと、とっても鼻が高い。
 
あと、出てきた瞬間に「は?」という感じになってしまった選手が、
ヤニック・ポンセロという選手でした。
がっしりした体つきに、そのへんのTシャツのような姿で、フィギュア選手とは見えない・・・(;´∇` )
また、選んだ曲も滑りも異彩を放っていて、すごいインパクトがありました。
ジャンプはダイナミックだし、演技は上手くて、面白くてよかったです。
フランスの選手で、ジュベールに継ぐ、二番手ということでした。
ジュベールとはまったく違うタイプのようですが・・・。
 
そしてジョニー・ウィアー!
かわいい顔立ちをしているせいか、日本にもファンが多いらしく、声援がよく飛んでいました。
相変わらず彼のスケーティングは、滑らかでとても綺麗です。
ほとんどミスらしいミスもなかった・・・と思いますが、
織田選手を抜かせず、二位になりました。
 
ショートでは、織田選手が一位です。
しかし、どうして織田選手、一試合しか出てないんでしょうね?
二試合出ていたら、もしかしたらファイナル行けたかも知れないのに(T_T)
 
 
翌々日に、男子フリーが、一時間と言う枠で放映されました。
一時間という枠からも予想されるとおり、かなりはしょられていました。
女子なんてゴールデンタイムに時間とって放映していたのに、
男子は夕方に一時間・・・・。
 
それでも、ペアやアイスダンスに比べれば相当マシでしょうね。
ペアやアイスダンスは、一時間枠に両方押し込まれ、しかもフリーのみ。
むしろペアやアイスダンスは、外国人の素敵な滑りの方が観たいのではないかと思うんですが、日本選手がいないと映さない仕組みのようです( ̄∇ ̄||| )
(まあ私は両方とも興味ないのですが・・・藍はペア、母はアイスダンスが好きなので)
 
で、南里選手の滑りを観たのですが・・・
う〜〜ん・・疲れが溜まっている、ということで、失敗が多かったみたいです・・・。
イキナリの出場はやっぱり辛かったのでしょうね・・・。
ちょっと残念です・・。
 
そして、無良選手。
うん、うまいんじゃないでしょうか(*^▽^*)
もちろん、改良するところはあるでしょうが、結構イイ感じに見えました。
スピンも滑らかだし、ジャンプもよかったし・・・
ただ少し後半に疲れてきたようで、スピードが落ちてましたが。
髪型とか、雰囲気が少し高橋選手っぽいので、滑りも高橋を目標に頑張ってほしいですね〜〜。
 
ショートでインパクトのあった(顔)、ケビン・レイノルズ選手の滑りも、かなり上手かったです。
若さ爆発と言うか、元気のいい演技でした。
これからどんどん脅威になってくる予感・・・(^_^;)
 
また、インパクトのあった(いろんなところ)、ヤニック・ポンセロ選手。
ショートよりはまともな服装でしたが、どっちかというとショートの演技の方が上手いような気がしました。
もちろんジャンプはダイナミックだったんですが。四回転も成功していたし。
とはいえ、点数はかなり高く、やっぱりとても上手かったですけどね。
 
さて。二位である、ジョニー・ウィアー選手ヽ(´▽`)/
ホントにいつも、綺麗な顔立ちに似合った服装と音楽ですね。
そしてとても綺麗な演技・・・。
観てると何だか癒されるような感じがします♪
 
でも、後半ちょっとミスがいろいろあったのが残念。
彼の演技は素晴らしいですが、あまり完璧な演技を見ることができません・・。
そのために、なかなか一位を取れないんですよね・・・。
このNHK杯で二位以上でないと、ファイナルに行けないということで、
今回は四回転をやらないで、確実な演技を目指していたようです。
・・・まあ、大きな失敗はなかったのでホッとしました(;´▽`)=3
 
そして、ショート一位だった織田選手。
完璧な演技を観たかったんですが・・・結構ミスがありました。
ジョニーと違って、ファイナル出場がかかっていないので、四回転にも挑戦していたみたいですが。
ジャンプでのいくつかミスがあって、ショートと比べるとイマイチかなあ・・・?
これはジョニーの方が上に行くのでは・・・。
 
と思ったんですが。
終わってみると、フリーでも一位Σ(゜Д゜;)
あれ???そうなんですか????
かなり意外でした。しかも結構な差がついていたので、さらにビックリ。
素人にはわからない部分があったということなのでしょうか・・・。
ショート、フリーともに一位ですから、当然、優勝です。
復帰試合としては非常にいい形ですね。おめでとうございます♪
 
そして、ジョニー・ウィアーも、二位だったので無事にファイナルに出場!
よかったです(*´▽`*)
 
あんまり期待していない大会でしたが(高橋いなかったので)、
日本選手が結構上手かったのでとても嬉しかったです♪
日本男子は高橋だけじゃないんですね〜〜。
これからも頑張ってほしいです!!
 
そして、ファイナルの選手も六人決定。
日本からは小塚選手だけなのが悲しいですが・・・
小塚選手だけでもいけてよかったああ〜〜ってところでしょう!!
・・・放映してくれるかはわかりませんが、応援してます♪

2008年12月14日

「グランプリシリーズ2008 ファイナル」男子フィギュア

グランプリファイナル、です。
グランプリシリーズでの上位六名だけが出場できる大会。
日本からは小塚選手が出場!
 
「男女ショート」という枠だったので、おそらく大半が女子に吸い取られるのだろうと予想していましたが、案の定。
すでに二人滑り終わったところからでした(; ̄∇ ̄
たった六名しかいないのになぜそんな仕打ち・・・?
しかも、飛ばされたのはジョニー・ウィアーとトマシュ・ベルネル。
ベルネルはともかく、楽しみにしていたジョニー・ウィアーを飛ばすなんてひどい。
・・・あ、ベルネルも嫌いじゃないですけどね。
 
ともあれ、見たかった残りの二人、ブライアン・ジュベールと小塚はバッチリ見れました。
しかしジュベールは、どうもここのところ、完璧な演技がありません(>_<。)
怪我をする前は一位で終わることが多かったのに、怪我から復帰して以来、一位を見ることができず・・・。
この日も、ショート三位でした・・・。
 
しかし、小塚はすごかったですヽ(´▽`)/
滑らかなスケートで、ジャンプも全部成功したようです。
上手くなったね〜〜〜!!
って思ってたら、なんとショート一位でした!!
スゴイ!!
 
残りの二人、パトリック・チャンは、大失敗してました・・・。
グランプリシリーズで、小塚が二位になったときの一位の選手で、相当上手かったのでビックリです・・・。
 
そして、ジェレミー・アボット。ショート上手かったです。二位でした。
あんまり私の中では印象に残ってない選手だったけど、背が高くてジャンプとかがとても綺麗でしたね(^o^ )
 
 
というショート・・・小塚選手は大健闘です。
フリーはどうなる!?
 
・・・ってわけで、翌日、フリーが行われました。
またも「男女フリー」・・・。
と思ったら、ショートで最下位だったパトリックから滑ってるΣ(゜∀゜)
全員見せてくれるんだ!!
 
・・・と、一瞬きらめいたものの、次の瞬間
「ブライアン・ジュベール選手は、朝の練習で怪我をして棄権しました」というニュースがΣ( ̄ロ ̄lll)
はい!?
 
ジュベールが棄権・・・・・・・・?
 
・・・・何それ!?
 
またしても大ショックです。・゜・(ノД`)・゜・。
完璧なジュベールはいつになったら観れるのか・・・。
この際完璧はおいといても、ジュベールの演技が観たかった・・・。
 
かなり盛り上がりが下がりましたが、小塚の一位がかかった試合でもあるし、と再び気合いを入れなおし。
 
しかし、パトリック・チャンはこの日も大失敗Σ(゜Д゜;)
一日じゃ、調子が戻らなかったみたいです・・・。
上手い選手なので、もちろんたまたま調子が振るわなかっただけですが、せっかくのファイナルで調子が悪くなってしまうなんて悲しいですね・・・。
 
次はトマシュ・ベルネル。
大失敗はなかったけど、ちょこちょことミスがあった感じ。
残念・・・。
 
そしてジョニー・ウィアー!!
どうやらショートでは失敗したらしい、トリプルアクセルをちゃんと成功させていたようです♪
完璧な演技、とはいかなかったけど・・・かなりよかったのではないでしょうか(*^▽^*)
綺麗でちょっと頼りなげな雰囲気が魅力的です♪
癒してくれてどうもありがとう。
 
しかしどうでもいいけど、ジョニーはやたらに韓国ファンに人気があるみたいですね。
終わった後の花束もすごいし、彼が投げキッスをしたときの喜びの歓声がすごかったです(;´∇` )気持ちはわかるけど。私も花束投げますよ〜Vv
 
そして、次はジェレミー・アボット。
う・・・・・上手い(゜ロ゜)
上手いです、はい。
ジャンプがすごく綺麗で、背が高いせいかよく映えます。
もちろんステップも上手いし・・・
解説の人なんか、「ノーミスの演技」などと言ってます。
・・・上手い演技を観られるというのは、とても嬉しいですV(^0^)
・・・・嬉しいですけど、あとに小塚が控えていると思うと、素直に喜べない部分があるんですけどね・・・。
 
というわけで、つぎは小塚選手。
四回転に挑戦すると言っていたので、「なんか嫌な予感がする」と思ってましたが、四回転は危ないながらもちゃんと成功ヽ(´▽`)/
小塚ってば、上手いじゃないですか〜〜〜。
 
が、中盤、転んじゃいました。
その後も、もう一回転んじゃいました。
・・・途中まではものすごくよかったんですけどね(つД`)
 
そんなわけで、フリー終わって、二位になりました。
とはいえ、二位です、すごいです。
ファイナル初出場で二位になるなんて、すごいですよ!!V(≧∇≦)v
なんて、素晴らしい選手に成長したんでしょうか・・・。
私の予想ではもうちょっと低いかなと思ってた(ショートでも失敗すると思ってた)ので、ホントびっくりです。
 
ショートのときは、誰も知らないっぽくて声援もなかったし・・・静かでしたが、
フリーでは拍手とか歓声とかもらってましたね(*^▽^*)
頑張れ小塚選手!!
 
 
・・・ジュベールもかなり人気があるみたいで、すごい歓声と花束だったから、フリーで滑れないって聞いてファンもガッカリしたでしょうね〜・・・。
 
とまあ、ショート、フリーともに、観たい選手が観られないということはあったものの・・・とても上手い演技は観られたし、小塚選手の大健闘も嬉しかったのでよい試合でした(*´▽`*)

2009年02月08日

「2009 四大陸選手権」男子フィギュア

フィギュア「四大陸選手権」がやったようです。
男女ショートひとまとめ、女子フリーが翌日のゴールデンタイム、男子フリーがさらに翌日の昼過ぎ一時間、と・・・まあいつものように女子メインで。
 
例によって男子にしか興味のない私や藍は、さらっと男子のところを拝見。
男子ショートは、小塚選手が三位に食い込んだようです。
織田選手は調子が悪く六位・・・。
もう一人の南里選手は、演技すら飛ばされていました。
 
ショートですごかったのはカナダのパトリック・チャン選手。
まだ18歳だかなのに、ダイナミックで余裕の演技は完璧。
カナダはジェフリー・バトルというイイ男が引退してしまったけど、後釜にこんなすごい選手がいるなんてうらやましい・・・(T∇T)
 
この大会、カナダで開催していたらしくすごい歓声でした。
それに応えた演技は圧巻。
 
二位はエバン・ライザチェック(アメリカ)。
まあ、この人がすごいことはわかってるから驚きませんが。
長い手足がさらに長く見える、いつものような真っ黒い衣装でした。
 
そして男子フリー。
ショートの順位と関係なく滑るようで、うっかりライザチェックの演技を見損ねました・・・(T_T)
当然一時間しか放映してないので、すでに何人も滑り終えております。
南里選手なんていつ滑ったのかサッパリです。
しかし彼は足が痛かったようで、あまりよい演技ができなかったようです・・・。
 
小塚選手の演技も、この間(だったかな)は完璧に滑っていて、「こんなに上手くなったのか〜」と大喜びしましたが、それに比べると今回は微妙。
前回はほぼ無名だったので、登場したときに拍手もへったくれもない感じでしたが、今回はちょっと名前が知られて、拍手なんかももらってたのに残念です・・。
 
ショートでもちょっとよくなかったですが、フリーもやっぱりイマイチで、転倒もあったし・・・何だか調子が振るわなかったんでしょうか。
ライザチェックを抜くことはできませんでした。
 
さてパトリック・チャン。
またまた大歓声の中、相変わらず滑らかなスケーティング。
この人は体つきもとてもしっかりしているせいか、18には見えないなって感じです。
小塚選手が小柄だから余計そう思うのでしょうか。
 
ジャンプがとても綺麗で、ステップも余裕。
少々ジャンプにミスもありましたが、思ったとおり一位になっていました。
地元開催のプレッシャーの中だから余計にすごいなと思います。
 
そのあとに滑ったジェレミー・アボット(アメリカ)。彼も18だか何だか。
細く長い身体で滑らかに滑りますが、ジャンプのミスなどであんまりいい感じではありませんでした。
まあまだこれから・・・の選手でしょうね。
 
ラストに滑ったのは織田選手。
彼も、今回はショート、フリーともに調子が振るわなかった感じでした。
ジャンプでの転倒もあり、全体的にスピードがなかったような。
終わってみると、ショートとあわせて四位と言う結果。
 
というわけで、一位がパトリック・チャン。二位がエバン・ライザチェック。
三位に小塚選手が入りました(-^▽^-)
 
もっと完璧な演技だったら小塚選手も大満足だったかな?と思いますが、
何にせよ、三位になったのはすごいです。
日本男子も頑張ってますよね〜〜♪♪
 
高橋選手も早くケガを治して、また戦って欲しいです。
やっぱり高橋選手がいないと淋しいです・・・。
 
そういえば今回の大会、スケートリンクが通常よりもちょっと小さいということで、
リンクの大きさって決まってないんだΣ(゜Д゜;)ってことを初めて知りました。
場所によって滑り方を変えなきゃいけない選手たち・・・大変ですね・・・。

2009年03月29日

「2009世界フィギュア選手権 男子フィギュア」

2009 世界フィギュアスケート選手権がありました。
 
いろんな選手が滑ったので、細かいところを忘れましたが・・・
(ついでに男子ショートも観忘れた・・)
男子フリーです。
 
今回日本からは無良・小塚・織田の三選手出場。
これでの三人の順位で、オリンピック枠が決まるという・・・結構重要なものだったみたいですΣ(゜Д゜;)
 
でも、三人とも頑張ってくれて・・・
オリンピック枠が三人取れることに。
う〜〜〜ん、素晴らしい♪♪
 
ちなみに三人のフリーの演技は、それぞれいいところも悪いところもある・・・・という感じで。
織田選手は「初めて四回転が成功!」と言われていたので、そこはとてもよかったです♪
順位は、一番小塚選手がよかったようでした。
 
そして、ジュベール!!
ショートでは一位だったようですが・・・
今大会は、アメリカでの大会で、二位にライザチェックがつけているため、
「13年ぶりにアメリカ王者」の期待が高まっていたようです。
 
ジュベールVSライザチェック。
もうこの二人がものすごく上手いのはわかりきっているので、楽しみでした。
 
しかし。
ライザチェックはすごかったΣ(゜Д゜;)
 
地元の期待を一身に受けて、メチャプレッシャーの中。
完璧な演技を披露!!!
相変わらずの真っ黒い衣装で、長い手足を存分に活かして・・・・
うまい・・・・。
 
そしてジャンプを飛ぶたびに起こる声援。
会場と一体になったかのようなライザチェック。
気持ちよさそうだ・・・・。
 
ライザチェックは上手い選手でありながら、なかなか一位にはなれない選手。
毎回一位になる強者がいつもいて、それがジュベールだったりランビエールだったりしていたわけです。
 
しかし今回は、文句なしその時点で一位になったライザチェック。
残すのはジュベール。
ものすごいプレッシャーをかけました。
 
ジュベールもまた、とんでもなく上手い選手ですが、
ここまで完璧な演技のあとだとちょっと心配です。
昨年はジェフリー・バトルに負けたみたいですし・・・。
 
まあ私はライザチェックもジュベールも好きですが、ジュベールの方が好きなので(;´∇` )
ジュベールを応援していたわけですが・・・。
 
前回の大会では、必ず入れていた四回転を封印したとのことですが、
今回はしっかり成功させてました。
私的には四回転よりも、三回転でもいいから転ばないでほしいという感じですけどね・・。
 
そのあと、途中よろけたとき、「・・・ダメかも」と思いましたが、
ジュベールの演技は素晴らしかったです。
後半の、疲れを知らないようなステップに目を奪われました。
さすがジュベール、最高!!
 
が、もうそろそろ終わり・・・って頃に、イキナリ転倒Σ( ̄ロ ̄lll)
まさかここまできて!!??
 
呆然としたまま、終了・・・。
ジュベール自身もショックを受けていたようでした・・・・・。
 
そして結果はもちろん・・・
ライザチェック一位。
ジュベールは三位でした・・。
 
会場は大喜びで、ライザチェックも嬉しそうで、
13年ぶりだもんなあ、よかったね〜〜って思いましたが、
ジュベールの優勝も見たかったので複雑な気分でした。
 
 
ちなみに、二位はパトリック・チャン。
この人は若いのに上手い。
上手いので、観るのが楽しみな選手でもありますが。
 
あと妙なスケーティングの選手がいて、面白かったです。
イタリアの選手で、カウボーイみたいな服装で、ユニークなステップ・・・。
こういう人が1人くらいいるのも悪くないです(-^▽^-)
1人以上はいりませんが(笑)
 
 
というわけで、日本選手の表彰台はありませんでしたが、
色々な選手を観られて楽しかったです。
日本から三人も出場してるのも嬉しかったですし♪
男子も女子くらい「次から次へと国内でのライバルがいっぱい」状態になってほしいですね。

2009年04月19日

「世界フィギュア国別対抗戦2009男子」

今年もフィギュアの季節が終わります・・・。
と言うことで、締めくくりに大会がありました。
 
国別対抗で、男女の順位を総合して優勝を決めるとか言うものらしい。
日本男子からは織田選手と小塚選手が出場。
 
アメリカからは今年の世界チャンピオンに輝いたエヴァン・ライザチェックと、上位争いに加わってきている?ジェレミー・アボット。
・・・というのを見ただけで、「アメリカが優勝かな・・」と思ってしまいます。
そういうのがチーム戦の恐ろしいところだ(;´∇` )
 
しかしわざわざ今回は「開会式」からテレビ放映していたのでビックリいたしました。
・・・でも、開会式と男女ショートをやるということは、ほぼ男子ショートの時間はないだろうと判断し、観ませんでしたが・・・。
 
でもあとでフリーを観た時、ショートも観ておけばよかったかな〜とちょっと思いました。
というのは、ショート一位がブライアン・ジュベールだというからです。

どんな演技だったのでしょうか・・。
 
ちなみに、二位はライザチェック。
前回の大会でも優勝を争った二人・・・
今回もこの二人の争いになるのか・・・?
 
というわけで、楽しく観たフリーですが
小塚選手はショートで転倒したらしく、低い順位スタートになってしまいました(つД`)
フリーでもちょっと微妙・・・かなあ。
これからに期待です!
 
パトリック・チャンも、とても上手い選手ですが、ショートで転倒したらしくやはり低い順位からのスタート。
フリーでも調子が出ないのか、ジャンプのミスがあって・・・
すごく残念(;´д` )
 
ジェレミー・アボットもなかなか上手いのですが・・・
ジャンプのミスがやっぱり大きかった。
 
魔のトリプルアクセル
ジャンプミスは大抵がトリプルアクセルか四回転ですからね・・・。
本当に難しいのでしょう。
 
でも、織田選手はトリプルアクセルちゃんと決めてましたヽ(´▽`)/
・・・まあ、のっけから四回転の失敗(転倒)があったし、細かなミスはいろいろあったのですが・・・。
ショート三位からのフリーだったので、よく日本チームを引っ張っていたと思います。
 
 
でもって、ライザチェック。
彼は前回優勝して、乗りに乗ってる感じです。
前回の大会でも素晴らしい演技でしたが、今回も完璧な演技を披露してくれました♪
四回転は飛ばなかったようですが、転ぶくらいなら三回転にしてほしいと思っているので、問題なしです!
 
やっぱり完璧な演技と言うのは、見ててスカッとするものですね(*´▽`*)
終盤まで全く疲れていないような、スピーディーなスケーティングには圧倒されました。
もう終わったらガッツポーズをして、すごい嬉しそうな笑顔を見せてくれました。
さすがライザチェック!!!
 
・・・・というわけで、またしても前回と同じ展開になってしまいました。
この完璧な演技の後で、滑ることになったジュベール。
これは相当なプレッシャーに・・・。
 
ジュベールは四回転を必ず入れてくる選手(一度封印したこともあったけど)
なので、今回も飛ぶだろう・・・と思いましたが、
最初に四回転を二回飛ぶことが判明。
 
ハラハラする中で、最初の四回転はキレイに決めたジュベール!
やっぱりカッコイイ(*´▽`*)
 
・・・しかし、二回目の四回転は飛べませんでした・・・。
さらに、そのあとのジャンプでも失敗があったりして・・・
大きなミスではない・・・
けど、すでに完璧な演技のライザチェックがいる。
四回転の点数はかなりいいらしいけど、それだけで一位を取れるのか?
 
そんなこんなで、演技終了後の笑顔はなし・・・(つД`)
ジュベールの素敵な笑顔が見られなくて悲しかったです・・・。
 
終わって・・・一位はやっぱりライザチェック。
二位がジュベールでした。
ショートでの点数差も少なかったので、逆転したみたいです。
 
完璧な演技VS完璧な演技
というのが見たかったけど、それは難しいことですね。
完璧な演技は、一人観られれば「やった♪」というくらい大変なものなので。
今回はライザチェックのおかげで見られましたV(^0^)
 
ジュベールは次の大会で・・・観たいです。
 
 
ちなみに、織田選手は三位になりました♪
二位との差はけっこうありましたが・・・
これからその差を縮めていってほしいなあと思います。
 
日本男子フィギュア、これからも頑張ってくださいね〜〜(-^▽^-)P

2009年10月19日

「グランプリシリーズ2009 フランス大会 男子フィギュア」

フィギュアの季節がやってきましたね。
グランプリシリーズ2009、第一戦めはフランス大会。
日本の出場メンバーは織田選手。
グランプリシリーズは1人二戦までしか出場できないかなんか、そんなルールです。
 
ショートは男子、三人しか放映してくれませんでした。
織田選手、ブライアン・ジュベール(フランスの選手なので自国開催)、トマシュ・ベルネル。
 
しかしジュベールが・・・・(つД`)
なんか調子悪かったです。
おかげでショートの順位がイマイチでした・・・5位だったか6位だったか。
どうしちゃったんだろうジュベール・・・・・。
やっぱり怪我のせいなのかな・・。
 
織田選手はまあまあイイ感じで、2位でした。
1位よりはむしろ気が楽にフリーの演技ができるかもしれない・・・とか勝手に思ったりしてました。
とはいえ、ベルネル選手はとてもうまいので、無理かもしれないとも思いましたが(;´∇` )
 
1位だったのはベルネル選手。
コミカルなスケーティングがなかなかよかったです。
っていうか、最初あまりに普通っぽいラフな格好だったため、衣装とは思わず、ちょっと早送り(録画してた)してしまって、「ん?これもしかして演技してる??」と再生してみたらベルネルだった・・・。
格好は微妙だったけど、スケーティングはよかったので1位でした。
 
 
そして翌日放映されたフリー。
男子はショートでの三人と、ショートで三位になったアダム・リッポンという選手の演技を放映してくれました。
・・・なぜ四人(T_T)
間に女子の練習風景などを流しまくってて悲しかったです。
確かに女子は期待されてるのはわかるけど・・・男子の間に練習風景なんか入れないでほしい。
そしてもっと映してほしかった・・・4位とか5位の選手も。
 
さておき、ジュベール。
やっぱり調子が悪かったです(つД`)
得意の四回転もうまくできず、とにかくジャンプが失敗ばかり。
ジュベールはいつも素晴らしいジャンプを披露してたのに・・・
この日は調子が出ないままでした。
残念です・・・・。
ジュベールの素敵な笑顔も見たかった・・・(>_<。)
 
アダム・リッポン選手は初めて観る選手でした。
それもそのはず、彼はジュニアから移ってきた、まだ若い選手だったからです。
なんか髪型がすごかったので、そっちに目がいきましたが、「顔は可愛い」と母や藍(妹)が言っていたので、多分かわいいのでしょう。
私は顔をはっきり見てなかったのでわかりませんが
可愛い顔なら応援したいところです。
 
ちなみにアメリカの選手。
アメリカはいつもいい選手に恵まれてますね。
 
で、演技は、うまかったけどいろんなところでミスがありました。
まあまだこれから、という若い選手なので、最終的に3位になったのが
「すごい!」って思いました。
 
そして織田選手。
この日の演技はとてもよかったです(*^▽^*)
チャップリンに扮してたようで、途中とてもコミカルな演技を挟みつつ、
キレイなスケーティングでジャンプの失敗もなく、とてもうまかったです。
3位にかなりの差をつけて、その時点で1位!
もしかして1位になれるんじゃ?
 
そして最後に滑ったのは、ベルネル。
最初、すばらしい4回転などを決め、スケーティングもなめらかだったので、
「これは完璧な演技になるんじゃないかな?」と思っていたのですが、
途中いきなりジャンプミス。
あれっと思うと、後半はジャンプミスやスピンのきれがなくなり、調子が悪くなってしまいました(;´д` )
そしてフリーで2位。
 
総合してみると、織田選手が1位でしたヽ(´▽`)/
フリーの演技は一番うまかったし、おめでとうでした♪

2009年10月27日

「グランプリシリーズ2009 ロシア大会 男子フィギュア」

フィギュアグランプリシリーズの二戦目はロシア大会。
日本からは小塚選手が出場。
そしてアメリカはジョニー・ウィアー。
さらにロシアからはエフゲニー・プルシェンコ!!
  
ショートはもう1人ラストに別の選手が滑っていたのですが、初めて見る選手だった上、ものすごく調子が悪かったようで、ショートの順位も上の方じゃなかったため名前忘れてしまいました・・・。
 
小塚は、ショートの演技かなりよかったです(*^▽^*)
大きな失敗も全然なくて、「よく頑張った!」って感じでした。
 
・・・・プルシェンコには勝てなかったけど。
プルシェンコは引退してたんですが、妻に「まだ若いんだから優勝できるわよ」とか励まされて復帰したそう。
腕も衰えてないかな〜とちょっと心配していたのですが、
全く問題なしのショート一位でした。
さすが!!
 
ジョニー・ウィアーは、ちょっと調子がイマイチだったかな・・・。
ジャンプのミスとかあって、残念でした・・・。
とはいえ、ショート終わって三位でしたが。
 
 
フリーは上記の三人放映。
ジョニーは・・・この日も調子が悪かったです(>_<)
ジャンプが三回転のところ、二回転になってしまうのが多くて、彼のキレイな演技を堪能できなくて悲しかったです。
 
そして小塚。
四回転に挑むも、失敗・・・。
まあでも、フリーで挑むしか道はないので・・・。
何度も失敗するうち、いつか四回転当たり前、ってなるかもしれないので、
頑張ってチャレンジしてほしいです。
とりあえず、転倒だけはしなかったのでよかったです・・。
 
ジャンプでたどたどしいところもあり、ステップも含め、素晴らしいとまではいかない演技だったとは思うけど、まずまずでした。
小塚選手、うまくなってますよね(*´▽`*)
顔も可愛いと思うので、頑張ってほしい。
 
さて残すところはプルシェンコ。
小塚が一位ではあるけど、普通にプルシェンコが滑れば、おそらくプルシェンコが一位になるでしょう。
ということで、完璧な演技を期待しながら観ていました。
プルシェンコがコケまくるなど、見たくなかったので。
 
のっけから流れるような四回転を決め、調子がよさそうなプルシェンコ。
ステップの間の手の動きも相変わらずきれい。
優雅なスケーティングは変わってないようです。
さすがに後半は息切れするかな、と思ったけど、やっぱりうまいですね。
 
滑り終えたとき、一位なのが明らかでした。
うん、やっぱりプルシェンコはこうでなくちゃ(*^▽^*)
久しぶりに、とてもうまい選手のうまい演技を堪能したなあという感じ♪
自己ベストは更新できなかったようですが、それでもかなり圧勝。
さすがとしか言いようがないです。
 
しかし、小塚選手も二位だったし、演技的にもそれほどは悪くなかったので・・・
今回は楽しかったです。
・・・でもジョニーはちょっと残念だったですね。
まあ、ジョニーが完璧だったら、小塚選手は三位になってしまったと思うけど・・・。
 
さておき、やっぱり一位の人は、できるだけ完璧な演技がいいですね。
嬉しそうな笑顔も見れるし、
観ててスカッとします♪

2009年11月02日

「グランプリシリーズ2009 中国大会 男子フィギュア」

グランプリシリーズ三戦目は中国大会。
・・・って、見事にショートは飛ばされました(≧∇≦)/
ひどいですね・・相変わらず。
男子からは織田選手が出てるというのに・・・。
女子シングルに出場選手がいないのかと思いきや、いるみたいだし。
フリーも深夜に押しのけられている・・・。
 
そんなわけで、フリー。
どうやら織田選手はショートで一位になった様子。
今回は・・あと、アメリカのエバン・ライザチェック選手が出ているようです。
 
ライザチェックはショート三位だったようですが、フリーはなかなかいい演技でした。
といっても完璧ではなく、ジャンプでのミスもあったりしたのですが・・・いつもながら長い手足と黒い衣装がよくリンクに映えてました♪
身長が高いせいか、演技もダイナミックに見えますし、カッコイイです。
 
二位はロシアのセルゲイ・ボロノフという・・・知らない選手でした。
ロシアということはプルシェンコの後輩というか、後釜というか、そんなところでしょうか。(まあまだまだプルシェンコにも頑張ってほしいですが)
 
顔もなかなか整ってるので期待しましたが、ちょっとミスが多かったような気が。
とはいえ、四回転はしっかり決めてたのですごかったです。
ロシアの割には背も高くなかった・・・。(ロシアと言うと長身のイメージ)
ライザチェックのあとだと、すごく小さく見えてしまいました(;´∇` )
これからもっともっと伸びてくる選手かもしれません。(背もだけど、演技が)
 
で、織田選手。
ショート一位だったので、気負いすぎて失敗・・・にならないかなと勝手に心配していましたが、全然大丈夫でした(*^▽^*)
チャップリンをモチーフにした、コミカルな演技は非常に彼に合っているような気がします。
ジャンプも滑らかだし、キレイでした。
一回ジャンプがすぽっと抜けてしまったときがあったとはいえ、大きなミスもなかったので、フリーでも一位。
というわけで・・・。
 
なんと、グランプリファイナル出場一番乗りΣ(゜Д゜;)
となりました。
織田選手、すごいヽ(´▽`)/
 
日本から出場できるってことは、放映もしてくれる・・・はず。多分。
ファイナルではどんな人がそろうのでしょう。
織田選手は本当にうまくなったので、とても嬉しいです。
ファイナルでも頑張ってほしいですね。
 
ちなみに、二位はライザチェック、三位がボロノフでした。

2009年11月08日

「グランプリシリーズ2009 NHK杯 男子フィギュア」

グランプリシリーズ、NHK杯(日本大会)ということで、
日本からは高橋・小塚・村上と三人出場。
 
高橋選手の一試合目ですね(*´▽`*)
怪我、大手術、リハビリ、そして復帰。
長かった・・・・そしてとても大変だった日々を乗り越えて、高橋選手がリンクで滑ってるのを見られて嬉しいです。
 
といっても、ショートでは失敗してしまって、フリー4位スタートでした。
得意のステップでコケてしまったし。
小塚選手もショートの調子がイマイチ。
村上選手は初めて観ましたが、大きな崩れはなかったかな。
これからもっと上達してくれるような・・・期待できる感じでした。
 
というわけで、フリー。
 
今までと違って、さすが日本大会だけあり、演技を見せてくれる人数が増えました。(今まではショートで三位に入った三人しか映さず)
ロシアのアルテム・ボロドゥンという選手(ショートで七位だったらしい)から、
ショートで一位だったブライアン・ジュベールまで七人の演技を観られました♪
村上選手はすでに滑り終わってましたが・・・。
 
アルテム選手は結構ジャンプのミスなどがあって、イマイチでした。
う〜ん、まだこれから・・・ってところなのかも。
 
そして六位だったミハル・ブレジナ選手。チェコの選手らしい。
見覚えないなあと思っていたら、まだ19歳だそうです。
ジャンプはみんなキレイに決まっていて、ほかも特に大きなミスは見当たらず。
ステップの感じは、まだ微妙にも見えたけど・・・まあ素人目なので。
結構高い得点をとったみたいでした。
 
そして五位だった小塚選手。
四回転に挑戦し、転倒・・・そのあとも一回転倒の、二回転倒(T_T)
う〜〜ん調子悪かったみたいですね・・・・。
でもしょうがないかな。
四回転はいずれ必須になるでしょうし、本番で練習するしかないわけですから・・。
 
で、四位だった高橋選手!!
滑らかなスケーティングには安心したものの、ジャンプで二回転倒。
日本大会なのに、日本の選手が二人も二回転倒って・・・(つД`)
頑張って〜〜っていうような、拍手に応援されながら・・・四分半。
ステップもキレイだったし、とても良かったと思うけど・・・やっぱり二回の転倒はかなりのマイナスに。
この時点で表彰台は無理だろうなあ・・・という状態。
残念・・・・。
 
そして三位だったジョニー・ウィアー。
本当にこの人の滑りは美しいというか、女性っぽいような、中性的な感じ。
ステップとか、とてもキレイ。
日本のファンもかなり多いようで、すごい花束とか、いろいろ贈られてました。
うん、顔可愛いしね、わかります。
でも演技中の黄色い声援はちょっとうるさすぎたかも(>_<)
あれは日本のファンだったのか、アメリカからの応援なのかわかりませんが・・。
ものすごい大失敗もなかったので、順当にこの時点で一位。
 
続く二位はジェレミー・アボット。ジョニーと同じくアメリカ。
すらっとした長身で、顔もなかなか可愛いので結構好きですが・・・
なんと、三回転倒Σ( ̄ロ ̄lll)
ものすごい大失敗で、ショートの二位もぶっとんでしまいました・・・・。
演技が終わった直後、口をぱこーんとあけたりして、なんか面白い表情が見られましたが・・・あれは何だったのか。
 
そして一位は、ブライアン・ジュベール!!
普通に滑りきれば、おそらく一位だろうという状態です。(二位のジョニーとはショートでの差があるので)
そしていつもながら、カッコイイ四回転を決めてくれました(*^▽^*)
うん、やっぱりジュベールはこれがないと!!
 
二回入れる予定だったようですが、そこは三回転に切り替えて、
途中ジャンプの失敗があったのを、後半コンビネーションでフォローしたりして、鮮やかに滑ってくれました。
無難にまとめたという感じ。
そして当然、フリーでの演技も一位となり、優勝でした!
彼も日本のファンが多いので、いろんなプレゼントが贈られていました。
 
というわけで、結果は一位ジュベール、二位がジョニー、三位がミハル・ブレジナでした。
高橋はおしくも四位・・・。
ああ、残念・・・。
 
一応高橋選手はあと一試合残ってますが・・・
ファイナルに行ってほしいなあ・・・。
高橋の、にこやかな笑顔をまた見たいです。
 
とはいえ、好きな選手がいっぱい観られたので、楽しい試合でした。

2009年11月17日

「グランプリシリーズ2009 アメリカ大会 男子フィギュア」

グランプリシリーズ、今回はアメリカ大会。
日本からは南里選手、あとめぼしい選手はアメリカのライザチェックと、チェコのトマシュ・ベルネル。
 
という感じだったのですが、ショートは飛ばされました。
で、フリー。
 
南里は、前に観たときより上達しているような気がしたけど、
ちょっとジャンプのミスがいくつかありました・・・。転倒もあったし。
まだ24歳なので頑張ってほしいです。
 
そして、あとはベルネルとライザチェックかと思っていたら、知らない選手が登場。
ショーン・ソーヤー。誰、この人??
ショートで五位だったようなのに、なぜ・・・。
と思って、ハッと気づきました。
ベルネル大失敗したんだΣ(゜Д゜;)
それでフリーでも上位を逃したから、急きょ上位に入った(おそらく二位)この選手を映したんだ!
 
柔軟性に優れている、と紹介されただけあって、普通男子はあまりやらないスピンなどを取り入れていました。
ミスもあったけど、まあまあでした。
 
そして、ライザチェック。
ショートでも一位だったようで、フリーでももはや敵なし。
相変わらずキレのあるスケーティングで、レベルの高い演技を見せてくれました♪
とにかく手足が長いので、いつも思うけどリンクに映えます。
結果、二位と30点以上の差をつけた大差で勝利でした。
やっぱりライザチェックはすごいな〜(゜Д゜)
 
この大会の結果で、ファイナルにいける六人のうち四人が確定。
織田、ライザチェック、ジュベール、ウィアー。
常に上位にいる選手がさすがに入ってる・・・。
 
残りは一試合。
高橋も出場。
なんとか残り二枠に入ってくれないかなあ・・・・。

2009年11月23日

「グランプリシリーズ2009 カナダ大会 男子フィギュア」

フィギュア、カナダ大会です。
高橋の二戦目!!これで二位までに入ればファイナル進出!!
 
というわけで、ショート。
高橋はなんとか二位にくいこめました(;´▽`)=3
ショートは決められた技をこなしていくものなので、一回のミスがかなりのマイナスに響いてしまうため怖いです。
一位はアメリカのジェレミー・アボット。
彼はファイナル出場のためには一位を取らなければならなくなった選手。
可愛い顔なので彼にも行ってほしいと密かに思いつつ・・・。
 
あとライバルとして強敵だと思っていたのがカナダのパトリック・チャンだったのですが、彼は今回とても調子が悪かったです。
 
 
そんなこんなでフリー。
もう1人これからライバルになっていくであろう、チェコのミハル・ブレジナ(19歳)。
彼は大きな失敗はなかったですが、やっぱりまだちょっと発展途上にも見えます。
でも怖い選手になるんでしょうね・・・。
 
その次に、今まで見たことのない選手が入ってきたので、
この選手が上位三人のいずれかに入賞したんだな、とわかりました。
アルバン・プレオベールという選手。
やっぱり大きなミスはなく、しっかりまとまった演技でした。
 
そして高橋!!!
最初四回転を飛ぶと言うのでものすごく心配でしたが、
三回転にして何とか着地。
転ぶくらいなら三回転の方がいいでしょうね(;´∇` )
 
そのあとも、ジャンプでちょっとしたミスはあったものの転倒はなく、
キレイなステップとスピンと・・・
高橋カッコよかったです(*^▽^*)
そして点数もよく、この時点で一位になったので、あと1人しかいないため
二位以上が確定し、ファイナル出場が決定!!!
よかった〜〜〜〜〜〜ヽ(´▽`)/
やっぱり高橋に行ってほしかったので!!!
怪我からの復帰、本当に素晴らしいです。おめでとうございます!!
 
残すところ、ショート一位のジェレミー・アボット。
彼には一位以外のファイナル出場権がないので、フリーで一回でも転倒したら多分ダメ。
というかなりのプレッシャーの中での演技でした。
 
でも、のっけから四回転を決め、キレイなスケーティング。
ジェレミーは背がすらっと高くて見た目がカッコイイのでいいですね〜〜。
ジャンプでちょっとよろけ気味だったりした部分もあったけど、
全体的にミスは少なくてうまい演技でした。
そして終わって・・・
フリーでの得点は、二位。(高橋が一位でした♪)
でもショートでのリードがあったので、一位になって・・・
ジェレミーもファイナル出場権をゲット!
 
というわけで、
ファイナルは
日本から織田と高橋、
アメリカのエバン・ライザチェックとジェレミー・アボットとジョニー・ウィアー。
フランスのブライアン・ジュベール
の六名に決定!!
アメリカ強いなあ〜〜(゜Д゜)
でも、まさに世界の強豪勢ぞろい!!というラインナップです。
好きな選手ばかりというのも嬉しいし♪
 
中でもやっぱり高橋は・・・
大怪我からの復帰ということで、感激もひとしおです。・゜・(ノ∀`)・゜・。
 
怪我には十分気をつけて頑張ってほしいな、と思います。
久しぶりに高橋の力強い演技を見られて嬉しかった試合でした♪

2009年12月07日

「グランプリシリーズ2009 ファイナル 男子フィギュア」

グランプリファイナルです。
出場選手は日本から織田・高橋、アメリカからエバン・ライザチェック、ジョニー・ウィアー、ジェレミー・アボット、そしてフランスのブライアン・ジュベール。
・・・だったのですが・・・
ジュベール、右足の怪我のため欠場。・゜・(ノД`)・゜・。
代わりに、惜しいところで出場選手からもれていたチェコのトマシュ・ベルネルが出場。
 
ジュベールが楽しみだったので、ものすごいガッカリ・・・。
・・・別にベルネルが嫌なわけではないけど、ジュベールが観たかった・・。
楽しみのうち半分は高橋で、残りの大部分がジュベールだったので(>_<)
 
それだけじゃなくて、ジュベールは・・・この時期に怪我をして(しかも手術したらしい)オリンピックに行けるのでしょうか・・・・?
心配だ・・・・・・・・・!!
 
 
という気分で始まった、ファイナル。
六人しかいないため、全員映してくれました♪ショート。よかった・・。
 
このショートで、素晴らしかったのはやはり高橋でしょう。・゜・(ノ∀`)・゜・。
ショート終わって一位!(二位のライザチェックとは全然点数差がなかったけど)
しかも超いい点でした!!!
 
そして・・相変わらず世界王者のライザチェックの調子はバツグンみたいですね。
アメリカは今回三人ファイナルに来てますが、中でもこの人はすごかった。
ジョニー・ウィアーもすごくよくて、滑った時点では自己ベスト更新かな?なんかで、素晴らしかったのですが・・・
ライザチェックと高橋がそれを上回りましたね。
織田はショートでは三位で、やっぱりジョニーを上回ってました。
彼はジャンプが得意なのか、安定してていい感じです。
 
残念だったのが、アボットとベルネル。
転倒したりジャンプのミスなどで、順位が落ちてしまいました・・・。
 
 
で、フリー。
フリーは・・・録画を間違えてしまって、観る事ができませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。
 
でも、動画を探して、一応演技だけは・・・何とか。
 
そんなわけでフリーの演技。
まずはベルネル。
・・・・・・絶不調(;´д` )
転倒もあり、ジャンプのミスが多くて、通常ならうまい選手なのに、滑らかさがなくて・・・。
体の調子が悪かったらしいので、運が悪かったのかもしれません・・。
 
逆に、ショートで調子が振るわなかったアボットは、とてもよかったです。
・・あ、転倒がしょっぱなからありましたが、それ以外はあまりミスもなく、
とても滑らかでキレイな演技♪
やっぱりアボットは上手ですね(*´▽`*)顔も可愛いし・・・。
演技が終わった後ガッツポーズをしたり、点数を待つ間お茶目な表情をしたりと結構余裕な感じ。
それもそのはず、結構いい点だったようです。
 
そしてジョニー・ウィアー。
やっぱり美しいです♪
彼の演技は本当に美しいっていう感じで、いいですね〜。
ひときわ観客の歓声がすごいのも彼の特徴です。(日本ファンが多い)
ジャンプでちょっと「ん?」なところもありましたが・・・全体的にキレイでした。
終わったとき笑顔でしたし(*^▽^*)
 
そして織田。
やっぱりジャンプがうまかったです。
素人目だと、ステップとかは高橋の方がうまいかな〜?と思うのですが・・・
ジャンプのミスが少ないので(ちょっとはありましたが)転倒の心配も少なくて、
全体的にまとまっているような。
よかったです♪
 
さて、一番優勝候補のライザチェック!
素晴らしい長い手足を活かしたダイナミックな演技・・・はいつものごとくカッコイイ。
何をやっても映えるなあ〜〜。
とにかく力強いパワフルなスケーティングです。
ジャンプで若干のミスはあったけど、ほぼ完璧(に見えた)
さすがとしか言いようがない人でした。
 
そして、高橋。
・・・・・四回転に挑戦して、転倒(T_T)
偉い心意気ですが。
何しろ四回転を飛ぶ人は結構少ない(飛んでも失敗することが多い)ので・・・。
欠場したジュベールは十八番ですけど・・。
 
そのあともジャンプでミスがいろいろと・・・。
高橋、ショートの調子はどうしちゃったの!?
いつものステップはうまかったですが・・・
調子が悪かったです・・・・。
 
 
そして結果。
一位はエバン・ライザチェック。やっぱり。
ショート二位、フリー一位の演技でした。
二位は織田。すごい!!これによって、オリンピック内定になったようです。
織田はショート、フリーの演技ともに三位だったみたいですね。
三位はジョニー・ウィアー。
ショート・フリーともに四位だったようです。
素人目だと、織田よりもジョニーの方がフリーの演技うまく見えたのですが(;´∇` )
まあ、織田が上で嬉しかったですけども。
 
で、四位はジェレミー・アボット。
彼はショートで五位だったけど、フリーではなんと二位。
転倒したのにすごいなあ〜〜。でもキレイでしたからね。
 
・・・・高橋は五位まで落ちてしまいました(T_T)
ショートでは一位だったけど・・・フリーが五位だった・・・。
高橋の表彰台が見たかったなあ・・・。あと、笑顔。
残念です・・・けど、高橋がこれだけ復活してくれてるっていうことだけで本当に嬉しいので、怪我に気をつけて頑張ってほしい!!です。
 
ベルネルは本当に調子が悪くて六位でした・・。
 
とはいえ、本当に実力がある人ばかりだったファイナル。(たまたま運がよくて・・・とかって選手がいない)
一番強敵はライザチェックだと思ったけど・・・(本当にそうなったけど)
みんなすごいので、誰が上に行くんだろうととてもワクワクでした♪
(・・その割に録画間違えるというアホなことをしてしまったのですが)
 
ここにジュベールがいたらどうなっていたのか・・・。
またはプルシェンコがいたら・・・。
そんな想いがよぎりつつ・・
大失敗しまくる人がほとんどいなくて、上位はほとんど完璧(に近い)演技を観ることもできたので、満足でした(*^▽^*)

2009年12月29日

「全日本フィギュアスケート選手権 男子」

全日本フィギュア。
これでバンクーバーオリンピックの出場権が決まるという最後の大会!(らしい)
 
男子では織田選手がすでに内定していて、あと二枠。
・・・まあ、高橋と小塚で決まりだと何となく思うわけですが・・・(;´∇` )
ともあれ、とにもかくにも高橋に頑張ってほしい〜〜!!と思いながら観ました。
 
今回は日本の大会なので、今まで見たことがない選手などもいろいろ見られました。
う〜〜ん、日本にもまだ選手がいるんだなあ。
若い選手たちには未来の高橋目指して頑張ってほしいです♪
 
高橋は、ショートで一位でした(*^▽^*)
二位は小塚。
三位は織田。織田はちょっとミスがあったので・・。
しかし小塚と高橋との差がすごかったです。
高橋・・・戻ってきてくれてありがとう。・゜・(ノ∀`)・゜・。
 
フリーでも、高橋は一位でした〜〜〜V(≧∇≦)v
四回転に挑戦していましたが、まあ、失敗してました・・・。
四回転ってホントに難しいですよね・・。
外国選手もよくコケてますし。
 
とはいえ、スピンとか、ステップとか、やっぱり高橋はすごくキレがあって、カッコイイです!!見とれました。
ノーミスとはいかなかったけど、全日本チャンピオンにふさわしいな〜と思いました♪
 
ライバルの織田も、四回転を飛んで転倒してしまいました・・。
実況のひとが、「織田は今シーズン一度もジャンプミスがありません!」と言ったあとに・・・(;´∇` )
そのあともジャンプミスがあったので、残念でした。
織田はジャンプがキレイなんですけどね。
フリーの曲は織田によく似合ってて(コミカルなとことか)結構いいです。
フリーでは二位でした。
 
そんなわけで、前回織田が全日本チャンピオンでしたが、高橋が奪還したようです。
 
小塚はショートでは二位だったのですが、フリーで後半がちょっとジャンプのミスが立て続けに・・・。
惜しかったです(;´д` )
でも、フリーでも三位でした。
 
と、いうことで。
高橋が一位、織田が二位、小塚が三位と言う結果でした。
 
さすが高橋!!
高橋の笑顔を見ると、非常に満足感がありますね♪
 
ところで、実況の人は今回、まず司会?の国文太一くんにコメントを求め、
次に解説の荒川静香さんに、さらに解説の本田武史さんにコメントを求めていて、
大変そうだなあ(;´∇` )と。(一回一回三人に話を聞いてる・・)
解説って1人のときと2人のときがありますが
私としては荒川静香さんが結構好きですね〜。
話が聞きやすくて、うまいなあと思います。

2010年02月18日

「バンクーバーオリンピック・男子フィギュアショート」

バンクーバーオリンピック、楽しみは「ジャンプ」「男子フィギュア」(*^▽^*)
他にもちょこちょこと観てはいますが、この二つが好きです。
 
ということで、いよいよ男子フィギュアです。
 
日本からは高橋・織田・小塚の三人♪
何より大怪我から復帰した高橋に期待が高まります(*^▽^*)
 
以前オリンピックで録画を観たら、結果を先に言ってから競技に入るというとんでもないことをされたので(スポーツで結果を先に知るほどつまらないことはありません・・)今回は、生放送を録画しておいてあとで観ました。
 
今回の目玉といえば、やはりオリンピック前にいきなり復帰してきたロシアのプルシェンコでしょう(;^∇^ )
グランプリシリーズで復帰してきましたが、鮮やかな優勝をかっさらってくれました。
私や藍は彼のファンでもあるので、もちろん復帰は嬉しかったですが・・・逆にかなりのライバルにもなってしまいます。
 
その彼の演技。
さっそく四回転を飛んできましたΣ(゜Д゜;)
少しジャンプでのミスはあったけど、相変わらず軽やか。
藍はよく「手が遊んでない、手の動きがキレイだ」と言いますが、私には細かいことはよくわかりません。
わからないけど、優雅で美しい。
体もほっそりとしているので、本当に魅せてくれます。
 
ええ、ダントツトップに立ちました。
その時点で。
といっても、芸術点が思ったほど出なかったようで、本人の顔は笑顔ではありませんでした。残念・・・(;´д` )
やっぱり滑り終わったら笑顔が見たいです。
・・・滑り終えた瞬間は笑顔だったんですけどね。
 
そのあと。
日本で最初に滑ったのは、高橋!!
 
大怪我から復帰して、少しずつ大会に出て調子を上げてきた彼ですが
やはりオリンピックとなると違うんじゃないか・・・と不安でした。
 
でも、ジャンプは決められた三つともしっかりこなしました!
ちょっと、コンビネーションジャンプのときうまく降りられなくて、解説の本田さんが
「もしかしたら二回転と取られてしまうかもしれませんね」と言っていましたが。
 
しかしジャンプはおおむね成功だったので、あとは得意のステップとスピン。
本当に高橋はステップがキレがあって、すごくうまいと思います(-^▽^-)
曲とピッタリあってて、スピードもあるので見てて飽きない。
ああ、よかった〜〜〜
って、終わったとき大満足でした。
高橋もニコニコ笑顔だったし、本当に嬉しかったです♪
 
そして点数も2位にヽ(´▽`)/
ダントツトップだったプルシェンコとあまり差がありません!!
芸術点はプルシェンコを上回ったようですし!
すごいな高橋選手!!!
 
そして二番目は織田。
ジャンプが得意なので、「どうか転びませんように」と祈っていましたが、
三つとも成功!!
スピンやステップもキレイでしたし、ミスがなかった・・ように思いました。
そしてこの時点でプルシェンコ、高橋に続く第三位。
なんだか日本勢絶好調ヽ(゜∀゜)ノ
 
引退してたけど復帰した選手といえば、スイスのランビエールもです。
実力がある選手だったけど、ちょっと調子が悪くなってきていたので、なるほど引退なのか、まだ若いと思うけど、と思っていたら、オリンピックに向けて復帰Σ(゜Д゜;)
またライバルが1人増えた・・・。
・・まあ、うまい選手の演技を見られることが醍醐味なんですけどね。
 
ランビエールの演技もやはりうまかったです。
ジャンプでのミスがあったとはいえ、さすが一時期王者になってただけはある・・。
芸術点ではプルシェンコを抜き、この時点で四位に。
 
そして今大会、出場を心配していた選手といえば、フランスのジュベール。
オリンピック前に怪我をして、もしかしたら出られなくなるかもと思っていました。
しかしいました、ジュベールヽ(゜∀゜)ノ
よかった、怪我治ったんですね〜。
 
ジュベールといえば、四回転。
本当に毎回飛んでくるので、それが代名詞になってます。
ところがその得意の四回転を失敗Σ(゜Д゜;)
さらに他のジャンプも失敗してしまいました・・・。
ジャンプで転倒してしまったので、大きな減点に・・・・。
 
・・・怪我のせい??(>_<。)
わかりませんが、点数が伸びず・・・・メダル争いから遠のいてしまいました。
あのジュベールが・・・・。
っていうか最近ジュベールの笑顔を滅多に見られません・・・。
悲しすぎる・・・。
 
そのジュベールの直後が、小塚でした。
私も藍もショックで一瞬ボーっとしていたら、小塚が出てきたのでハッとしました。
(藍はまだボーっとしてましたが、慌てて教えました)
 
小塚の演技はよかったです(*^▽^*)
ミスも私たちにはわからないくらいで、ジャンプもちゃんと飛べていたし・・・
スピンもキレイでした。
・・ただ最後、「音が出ない」ってジェスチャーをしてましたが。
なんか最後の音が出なかったのか聞こえなかったのか、みたいです。
 
日本は三人とも大きなミスがありませんでしたヽ(゜∀゜)ノ
すごいですね〜〜〜♪
 
でもって、アメリカのジョニー・ウィアー。(順番はもうごちゃまぜで。忘れたから)
彼には熱狂的なおっかけでもいるんでしょうか。
いつも彼のときは女性の声援がすごいです(;^∇^ )
彼が客席に近寄るときとか、「コンサートですか?」って感じ。
 
演技には大きなミスもなく(見えた)いつもどおりキレイでした♪
彼の独特な世界観はいいですね〜。
思わず見とれてしまいますよ(*^▽^*)
顔も可愛いしね!!
 
カナダの選手、パトリック・チャン。
もう、ものすごい歓声でした。
金メダル候補と噂されていたようです。
その地元の期待を受けての演技でした。
 
が、う〜〜〜ん・・・いつもの彼らしくなかったです。
すらっとしてて演技も滑らかでとてもうまい選手なんですが、
ジャンプのミスがあったり全体的にあれ?って感じでした。
オリンピック前の大会でも、調子が悪そうだったので、あんまり調子がよくない時期だったのでしょうか・・。
 
いろんな選手を見れて、日本勢も調子よくて、もしかしたらメダルいけるかも♪
とのんきにしていたところで
アメリカのライザチェック登場。
 
・・・・・・忘れてたΣ(゜Д゜;)
この人の存在をころっと忘れてたよ、私たち。
金メダル候補ナンバーワンといえば、この人じゃないですか。
世界王者!!
 
すらりとした長い手足を強調するような真っ黒な衣装、といういつものいでたちで、
ジャンプをアッサリと決めてくれました。
この人が飛ぶと、三回転も二回転に見える・・・。
すごい軽がると飛ぶので。
 
スピンもステップもとにかくダイナミックに見える。
・・・やっぱりうまい(゜ロ゜)わかってたけど。
 
終わったとき、本人も大満足そうでした。
もしかしてこれは一位・・・?
と思ったら、二位に食い込みました。
プルシェンコは抜かせなかったものの、高橋の上。
やっぱりすごいこの人・・・・!!
 
そしてジェレミー・アボット。同じくアメリカ。
彼も顔が可愛いので好きな選手です。
実力はあるのですが、ミスをすることも多いので今回は・・・?
と思いつつ見ていたら、ジャンプでミス。
調子悪そうです・・・(>_<)
 
ショートが終わって、
一位はプルシェンコ
二位ライザチェック
三位に高橋ヽ(゜∀゜)ノ
四位に織田!!
五位がランビエール
六位ジョニー・ウィアー
七位パトリック・チャン
小塚は八位でした!!
 
三人ともなんて素晴らしい成績・・・。
これはフリーに期待が高まります。
 
ちなみにジュベールは・・・18位(つД`)
フリー・・映してもらえるのかもわかりません・・・。
 
日本男子フィギュアでメダルが取れる・・・
なんてことがあったらうれしいですが・・・
ともかく、ミスのない演技を見たいです。
三人とも悔いのない滑りができるといいですね。
応援してます(*^▽^*)

2010年02月20日

「バンクーバーオリンピック・男子フィギュアフリー」

男子フィギュアついにフリー!!!
日本からは高橋・織田・小塚の三人が出場し、ショートでは高橋三位、織田四位、小塚八位の好成績。
どんな演技を見せてくれるのか・・・・(*´▽`*)

フリーはショート24位までに入った人が出られるようで、何人か飛ばされるかなと思ったけど、最初から映してくれました。
ショートの順位六人ずつが一グループになり、その中で順番を決めて滑る形式なので、ショートの順位逆順ではありません。

第二グループにアメリカのジェレミー・アボット。
ショートで失敗したためこのグループでの登場。
どうも調子がよくないのか、フリーでもジャンプで転倒・・・(;´д` )
それでもしばらくの間トップをキープしていました。
まあまだ若いし、これからだと思います。

そしてフランスのブライアン・ジュベール。
毎回四回転を飛んで決めてくる強敵・・・なのですが、ここのところジャンプ失敗が多い・・。
ショートでも得意の四回転を失敗し、そしてフリーでも失敗してしまいました(>_<。)
あんなにジャンプが得意な選手なのに、ジャンプの失敗がいろいろあって・・・
この時点でもトップになれず。それどころか12人滑って5位という結果。
全く笑顔を見ることもできず、すごく悲しかったです・・・。

そして、第三グループ。
ショートのときと同じく、ジュベールのあとが小塚。
私たちはショートのときと同じくショックを受けていて、小塚が出てきたのでハッと意識を集中。

小塚がイキナリ四回転を飛んだのでビックリ(゜ロ゜)
しかも今まで成功したことがないという四回転を、なんと成功!!!
このオリンピックの大舞台で成功させるなんてすごい!!!

一回トリプルアクセルで転倒してしまったものの、他はまとまったいい演技をして、
終わったとき彼自身ガッツポーズをしたほどです(*´▽`*)

本当にいい演技でした。
そして滑り終えた時点でトップ♪

そしてカナダの期待を一身に背負ってパトリック・チャン。
彼は若いのにとてもうまい選手で、金メダル候補の一人だったようですが・・ショートで失敗してしまいました。
そしてフリーでもジャンプのミスがありました・・。
やっぱり重圧がすごかったのでしょうか。
とはいえ、構成点がとても高く、この時点でトップに。

最終グループでの一番滑走は、世界王者のエバン・ライザチェック(アメリカ)。
とにかく今、乗りに乗っている選手です(;^∇^ )
とはいえ、オリンピックの舞台では完璧という文字はないだろう・・・
と思っていましたが、
重圧を物ともしない素晴らしい演技。

四回転は飛ばなかったのですが、ジャンプは危なげなく全て成功。(ちょっとぐらついたりはあったもののほとんどない)
軽々とジャンプを飛んでました。
そしてジャンプ以外も、相変わらずパワフルで、堂々としていてカッコイイ。
これは間違いなくこの時点でのトップ、いや、間違いなく金か銀だろうと確信しました。
そしてもちろん、この時点でトップ。
残りの選手に多大なるプレッシャーをかけます。

・・・・そのライザチェックの次が、織田でした( ̄― ̄°)
頑張れ織田選手、自分の演技を・・・。

織田のプログラムはチャップリンで、コミカルな演技を披露します。
織田にピッタリな演目だし、調子も悪くなさそう・・・。
と思いましたが、ジャンプが得意なのに、なんとなくジャンプが微妙な部分があって、「頑張れ〜〜」と祈っていたところ・・・着地失敗で転倒・・のあと、演技を中断Σ(゜Д゜;)

ど、どうしたの、何があったの!?怪我したのか!?
と思ったら、靴紐が切れてしまったらしい!!
怪我じゃなくてよかったけど・・・でも、そんなことになるなんて。
結局そのあと、再び演技再開。(靴紐をつないで)
客席からは応援の声援が飛んでました。
でも減点が響き、点数伸びず・・・。
ショートがよかっただけに、ものすごく残念でした・・・。

次はスイスのステファン・ランビエール。
ジャンプでのミスがちらちらと見えたものの、この人は構成点が高い。
かなり観客を沸かせて、いい点数を記録。
ライザチェックは抜かせませんでしたが、二位に。

そして高橋!!!
四回転を飛んで・・・・・転倒(>_<。)
やっぱり四回転は難しい・・・。
しかしそのあとのジャンプは、ところどころ危ない部分もあったとはいえ転倒しなくてよかった・・。
高橋の持ち味、ステップは伸びやかで、安心してみていられました。
高橋のステップは本当にカッコイイです♪
なんとかランビエールを抜かして、二位にヽ(゜∀゜)ノ
よかった〜〜〜〜。

次のアメリカ、ジョニー・ウィアー。
彼が高橋の下にいけば、高橋のメダル確定。
私は彼のファンですが、高橋にメダルを取ってほしい気持ちがこの瞬間勝りました。
お願い高橋の上に行かないで・・・。

しかしジョニーの演技はとてもよかったです。
ジャンプは全部成功。
スピンも少しバランスを崩したとは言え、ほぼミスなく美しくなめらかな演技でした。
見てて思わずうっとりしてしまいました(*´▽`*)
やっぱりこの人の演技は大好きです。ごめんねちょっと変(ではないけど)なこと思っちゃって・・。

ジョニーの得点はあまり伸びず、会場からはブーイングが出たほどでした。
やっぱり熱狂的なファンがいるみたいです。
そしてこの瞬間、高橋のメダルが確定!!!

残すところは、ショートで一位のロシアのエフゲニー・プルシェンコだけ。
私たちは彼のファンなので、こうなれば彼に金メダルを取ってほしいと思いました。

プルシェンコはジャンプが得意な選手だけあって、ショートでも四回転&三回転のコンビネーションを決めてきましたが、当然ながらフリーでもまっさきに飛んできました、四回転&三回転。
ちょっと、危なかったけど。

しかしジャンプが得意で完璧なプルシェンコにしては珍しく、ジャンプで何度かバランスを崩します。
ここ一年ジャンプでの転倒はない、と実況のひとがいうだけあって、転倒はしませんが・・。
流れるようなスケーティングは相変わらず素敵ですが、何となくライザチェックの方が高い点をもらえそうな気がしました。

そして終わってみれば、プルシェンコは二位。
ライザチェックが金メダルになりました。

そしてそして・・・・
日本男子フィギュア初めての銅メダルV(≧∇≦)v
高橋が取った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

すごい〜〜〜〜〜!!!!

すごい感動です。
とってほしいな、と思ってたけど、取れるとは思っていませんでした。
ショートがよかったからこそ重圧がすごいだろうと思ったので、満足のいくすべりができないんじゃないかと勝手に心配してました。
でも、すごくいい演技でした(*´▽`*)

女子と比べると時間も短かったり枠が追いやられたり飛ばされたりしていた男子シングル。
その中でずっと男子フィギュアを引っ張ってくれてた高橋。
本当に素晴らしい成績を出してくれてありがとう、そしてホントおめでとうございます♪♪

そして織田は七位、小塚は八位でした。
日本三人が全員入賞だなんて、これもすごい快挙ヽ(゜∀゜)ノ
織田は残念な演技になってしまいましたが、小塚は嬉しそうな笑顔を見られてよかったです。

この三人の頑張りが、未来の男子フィギュア選手を育ててくれるといいな〜と思います。
本当に高橋選手、おめでとうございました(*´▽`*)
そして三人ともおつかれさまでした!!
にほんブログ村 テレビブログへ